日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 「わたしも、がんでした」  > 先生との信頼が背中を押してくれた
印刷

「わたしも、がんでした」

先生との信頼が背中を押してくれた

本人編 悩んでいるのは自分だけじゃない(5)

 杉浦 克昭(ピーコ)=ファッション評論家・シャンソン歌手・タレント

ピーコこと杉浦克昭さん。ファッション評論家、タレント、シャンソン歌手といくつもの「顔」を持ち、メディアで活躍するピーコさんは1989年、眼のがんにかかりました。当時44歳。まさに働き盛りのピーコさんの左目を襲ったのは、30万人にひとりという悪性腫瘍。ショービジネスの世界で最前線に立っていたピーコさんは、決断を迫られます。仕事とがん治療とをどう両立させるのか。自分の未来に「がん」が立ちふさがったとき、何が救いとなるのか。働き盛りのみなさんにこそ、読んでほしい。がんと向き合い、がんと共に生き、働き、がんと決別したピーコさんの言葉です。

 治療の経過次第で、また気持ちも変わってきます。副作用に苦しむこともありますが、いろいろな対処法があり、時間が解決することもあります。
 手術はあっさり終了したものの、ピーコさんは、「もし転移していたら」という不安に包まれます。検査結果が出るまでの1週間、さまざまな心配ごとが思い浮かんできました。
 

 手術は全身麻酔だったから、拍子抜けするくらいあっさり終わりました。

 運も良かったんです。腫瘍そのものも眼球の痛点にあるところにはできていなかったので、がんにかかったときも、通院しているときも、手術そのものも、痛みはゼロでしたから。

 ただ、手術が終わった後、はじめて不安にはっきり包まれました。1週間後、取り出した眼球の検査結果が出るまで中ぶらりんの状態ですから。仮に、がん細胞が目の外に漏れてどこかに転移していたら、そのまま入院が続いて、放射線や抗がん剤による治療を受けなければいけません。いままでは痛みから逃れられたけれど、これからはそうとは限らない。死ぬこと以上に、病院にずっと閉じ込められたり、闘病に苦しんだり、痛みに悩まされる方が、わたしとしてはつらいなあ、と思っていたんです。

 手術でとったわたしの左目は、東大病院の病理で検査を受けていました。がん細胞が外に出ていないことがわかれば、無事に退院できる。手術からちょうど1週間後の土曜日、佐伯先生がわたしの病室にいらっしゃいました。

 「いま、東大病院から連絡がありました」

 はい。

 「どこにも転移していないって! 明日から4日間かけて抗がん剤を打ったら、もう退院してもいいです」

 もし転移していたら、治るかどうかもわからない。そもそも芸能の仕事はとてもできなくなる。そう言われていましたから、先生の口から

 「もう大丈夫です」

 とおっしゃっていただいたときには、付き添ってくれたおすぎと抱き合って泣きました。ああ、この先生を信頼してよかった。ほんとうにそう思ったものです。

国立がん研究センターがん対策情報センター編
『わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋』(日経BP社、2013年9月発行)より転載。


杉浦 克昭(ピーコ)さん
ファッション評論家・シャンソン歌手・タレント
杉浦 克昭(ピーコ)さん 文化服装学院研専卒業後、1980年おすぎとともに《おすぎとピーコ》としてTBS「久米宏の土曜ワイドラジオTOKYO」に出演し、デビュー。44歳で30万人にひとりという悪性腫瘍で左目を摘出する。がんをきっかけにシャンソンを始め、2004年1月にはシャンソン歌手としてCDデビューを果たす。ファッション・ジャーナリストとして服飾評論はもとより、さまざまな分野に活動の場を広げている。

『わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋』
(国立がん研究センターがん対策情報センター編、日経BP社)好評販売中

 医学の進歩によって、「がん=迫りくる死」ではなくなっています。実はかなり多くの人が、がんと共に社会で暮らしています。しかし、がんと共に生きることや働くことは、日本社会ではまだまだ普通のことと思われていません。がんと共に生きるとは、働くとは実際にはどういうことなのか。それを知っていただくために、本書ではがんに関わる当事者の方々に語っていただきました。──「はじめに」より

>>詳しくはこちら(Amazonのページにジャンプします)

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.