日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 「わたしも、がんでした」  > がんかもしれない
印刷

「わたしも、がんでした」

がんかもしれない

本人編 悩んでいるのは自分だけじゃない(1)

 杉浦 克昭(ピーコ)=ファッション評論家・シャンソン歌手・タレント

ピーコこと杉浦克昭さん。ファッション評論家、タレント、シャンソン歌手といくつもの「顔」を持ち、メディアで活躍するピーコさんは1989年、眼のがんにかかりました。当時44歳。まさに働き盛りのピーコさんの左目を襲ったのは、30万人にひとりという悪性腫瘍。ショービジネスの世界で最前線に立っていたピーコさんは、決断を迫られます。仕事とがん治療とをどう両立させるのか。自分の未来に「がん」が立ちふさがったとき、何が救いとなるのか。働き盛りのみなさんにこそ、読んでほしい。がんと向き合い、がんと共に生き、働き、がんと決別したピーコさんの言葉です。

 がんの診断に至る過程は、がん検診の結果、体調不良、特定の症状など、ひとによってさまざまです。がんが不治の病ではなくなったとはいえ、からだの異常に早く気づくことが大切です。
 ピーコさんの場合、はじめて気がついた異変は、左目で見たときにだけ、ものが小さく見えてしまうということでした。しかし、すぐにはがんとはわからず、5カ月後の人間ドックで、ようやく悪性腫瘍と診断されます。

 はじめてからだの異変に気づいたのは、44歳の冬、1989年2月の夜のこと。雑誌の連載原稿を書いているときでした。

 「あれ? 原稿のマス目がちゃんと見えない…」

 マス目の横線にピントがあわないんです。いやねえ、疲れ目かしら。ふと思って、片目をそれぞれつぶって見たら、左目で見たときだけ、ものが小さく見えてしまう。左目になにか異常があるのかな、そう思ってまずは眼科のお医者さんを訪れました。

 でも、そのときの診断は、
「うーん、重度の結膜炎かな」
「ついでに乱視が入ってますね」
「あ、あと老眼がちょっと進んでいるかもしれませんから、眼鏡でもつくったらどうですか」というものでした。

 その後も特に痛みがあったわけじゃないから、放っておいたんです。あ、眼鏡はつくりましたけど。

 次に病院を訪れたのは、5ヵ月後、8月の最初の土曜日です。といっても目の異常を感じたからじゃありません。40歳過ぎた頃からいつもお世話になっている熱海のホームドクターの病院で毎年1回受けていた人間ドック。こちらにおすぎと一緒に行ったんです。そうしたら、その日は偶然眼科の先生がいらしてたんですね。半年前の一件もあったから、念のため眼底検査をしていただきました。

 「うーん、網膜剥離ですね」

  放っておくと失明しちゃうかもしれない、ということで、すぐに翌日ホームドクターの紹介で、とても腕のいい眼科医がいるという小田原市立病院へ行きました。

 すると、そこでも偶然が重なって、本来診療日ではなかった先生に診てもらうことになった。それが佐伯宏三先生(佐伯眼科クリニック院長)です。とにかく人気のある先生で、朝9時に着いたのに患者の行列ができていて、診察の番が回ってきたのは昼過ぎの1時頃。

 そのとき、佐伯先生は席を外されていて代わりの先生が、わたしの左目の眼底の写真を撮ってこう言いました。

 「たしかに網膜剥離、なんですが、原因はどうやら目の中に腫瘍ができているからみたいですね。腫瘍が大きくなって網膜を突き破っています。ピーコさんが半年前から左目で見るとものが半分に見えるっておっしゃっていたのは、この腫瘍が網膜を破って半分しか残ってないからなんです」

 通常の眼底検査だけでは、腫瘍が悪いものかいいものかはわからない。そこで、佐伯先生を待って、直接診てもらうことになりました。

わたし、「がん」なんだ

 1時間ほどで診察室に入ってきた佐伯先生に調べてもらうと、

 「よい腫瘍には見えませんね。造影剤を入れて、もう一度カメラで見てみましょう。良性だったら毛細血管の色が透けて見えて真っ赤にうつります。黒く見えたら悪性です」

 再度撮影した写真を見ながら、佐伯先生が若い先生に話す声が耳に入ってきた。

 「周りは赤いけど、真ん中が真っ黒だ。メラノーマだな」

 その単語を聞いた瞬間、直接聞かなくてもわかりました。わたし、「がん」なんだ。

国立がん研究センターがん対策情報センター編
『わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋』 (日経BP社、2013年9月発行)より転載。


杉浦 克昭(ピーコ)さん
ファッション評論家・シャンソン歌手・タレント
杉浦 克昭(ピーコ)さん 文化服装学院研専卒業後、1980年おすぎとともに《おすぎとピーコ》としてTBS「久米宏の土曜ワイドラジオTOKYO」に出演し、デビュー。44歳で30万人にひとりという悪性腫瘍で左目を摘出する。がんをきっかけにシャンソンを始め、2004年1月にはシャンソン歌手としてCDデビューを果たす。ファッション・ジャーナリストとして服飾評論はもとより、さまざまな分野に活動の場を広げている。

『わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋』
(国立がん研究センターがん対策情報センター編、日経BP社)好評販売中

 医学の進歩によって、「がん=迫りくる死」ではなくなっています。実はかなり多くの人が、がんと共に社会で暮らしています。しかし、がんと共に生きることや働くことは、日本社会ではまだまだ普通のことと思われていません。がんと共に生きるとは、働くとは実際にはどういうことなのか。それを知っていただくために、本書ではがんに関わる当事者の方々に語っていただきました。──「はじめに」より

>>詳しくはこちら(Amazonのページにジャンプします)

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.