日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 「わたしも、がんでした」  > 企業へ、職場の人へ、同僚が、社員ががんになったら?  > 2ページ
印刷

「わたしも、がんでした」

企業へ、職場の人へ、同僚が、社員ががんになったら?

病院編 がんと共に生きる、働く時代がやってきます(5)

 堀田 知光=国立がん研究センター理事長

 とはいうものの、企業の方は、いったいどこから手を付ければいいか、頭を悩ませることが少なくないと思います。企業は、社員ががんにかかったときどう対応すればいいのでしょうか。公的な相談窓口はまだ十分に整備されているとはいえませんが、がん診療連携拠点病院のがん相談支援センターで対応できるようになりつつあります。がん相談支援センターとは、全国約400箇所のがん診療連携拠点病院に設置されていて、さまざまな相談を受け付ける機関です。

図2◎ がんに関する様々な情報
「がん情報サービス」はこちらから。
[画像のクリックで拡大表示]

 また、国立がん研究センターでは、2012年度から就労支援についての調査研究を始めています。そのほかにも、就労支援に役立つツール(例えば、手帳形式で個々の患者の状態・就労可能な内容・治療上必要な休暇などが記載できるもの)を作成しているがん相談支援センターなどがあります。ぜひ、こうした専門機関にお尋ねください。

企業や職場もまた「当事者」

 なにより重要なのは、企業や職場もまた「当事者」という意識を持っていただくことです。患者さん本人の人生設計、収入の維持、人間関係において、その人の職場はとても大きな存在です。だからこそ、がんにかかった社員の希望や不安ときっちり向き合い、病状や必要な治療のための休暇などについて話し合い、可能なかぎり、その企業で仕事を続けられる方法を考え、実行する。企業や職場によっては、とても負担の大きい課題かもしれません。しかし、一方では企業は勤労者にとって、安心できる職場環境を提供する社会的な存在です。ぜひ患者さんを支える職場環境の整備へのご協力をお願いします。

 私たちも、企業が社員のがんに対応できるよう、サポートの手段をより豊富に用意していきたいと考えています。

 次は、治療を受ける上で病院とどう付き合っていけば良いのかをお話します。

国立がん研究センターがん対策情報センター編
『わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋』 (日経BP社、2013年9月発行)より転載


堀田 知光(ほった ともみつ)さん
国立がん研究センター理事長
堀田 知光(ほった ともみつ)さん 1969年名古屋大学医学部卒業。独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター院長などを歴任後、2012年より現職。厚生労働省「未承認薬使用問題検討会」座長ほかさまざまな政府委員も務め、ドラッグラグ解消やがん登録推進などの課題にも積極的に取り組んでいる。

『わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋』
(国立がん研究センターがん対策情報センター編、日経BP社)好評販売中

 医学の進歩によって、「がん=迫りくる死」ではなくなっています。実はかなり多くの人が、がんと共に社会で暮らしています。しかし、がんと共に生きることや働くことは、日本社会ではまだまだ普通のことと思われていません。がんと共に生きるとは、働くとは実際にはどういうことなのか。それを知っていただくために、本書ではがんに関わる当事者の方々に語っていただきました。──「はじめに」より

>>詳しくはこちら(Amazonのページにジャンプします)

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.