日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 「わたしも、がんでした」  > 父のがんを通じて、私が変わったこと
印刷

「わたしも、がんでした」

父のがんを通じて、私が変わったこと

家族編 「がんは“生きる”と向き合うプロジェクトです」(6)

 砂田麻美=映画監督

がんは、患者本人だけの病ではありません。家族みんなが当事者になり得ます。 患者さんが「がんと共に働き、生きる」ためには、家族の役割分担が欠かせません。 では、家族は、どう身内のがんと向き合い、どうサポートすればいいのか。 例えば、がんをきっかけに、患者さんが「よく生きる」ためのプロジェクトとして 家族みんながチームのように役割分担をしながらサポートする。家族編で登場するのは、 ドキュメンタリー映画「エンディングノート」の監督、砂田麻美さんです。 映画は、末期がんと診断された砂田さんのお父さまが、 死後の後始末について「エンディングノート」を家族にしたためるところから始まります。 そんなお父さまと、ご家族やご友人とが一緒に過ごすかけがえのない時間。「死」と向き合うことで、むしろ「生きる」ことを真剣に考える。実行する。 大ヒット映画の舞台裏でもある砂田さんとご家族のご経験から、 がんと家族と人の死と生について、砂田さんと一緒に考えてみましょう。

「映画『エンディングノート』では、父の人生を描きたかったわけではなく、あらゆる人が抱える〝人生の限り〞を表現したかったんです」と砂田さんは言います。家族として、父親のがんと向き合い、看取る。人生の終わりを意識するというのは、「死と向き合う」ことではなく「よく生きる」ことにつながるんだ、と。

 父はがんを宣告されてから、半年で亡くなりました。振り返ってみると、わずかな時間でしたが、本当に濃密な時間でした。もちろん、なんとかがんを克服してほしかったし、もっともっと長生きをしてほしかった、と思っています。いまでも、思ってます。

 ただ、父が亡くなった、ということについては悲しいし、悔しい思いもあるけれど、父と私たちが、父のがんと向き合ってきた道筋についての後悔は、…ないですね。なぜかというと、それはやっぱり、父の意志を最初から最後まで尊重できたから、だと思います。主治医のお医者さまに対しても、治療法を選ぶのも、最後まで父に任せることができましたし、亡くなるまでの半年間は、父がいま一番やりたいことに耳を傾けながら、思い出をつくった。

 私の映画の中に「Todoリスト」という、「孫と遊ぶ」とか「家族旅行に行く」というような、まるで父が自ら書いた「死ぬまでにしたいことリスト」に見える箇所があるんですね。なので勘違いされる方が多いんですが、あれは父ではなく、映画の演出上、私が書いたものなんです。

 父自身が死ぬまでにしたいことなど、何ひとつなかった。

 少なくとも私たち家族がそれを求められることはなかったんです。けれど最後の半年の濃密さと、これが最後かもしれないという緊張感は、何ものにも代え難い日々で、それを父の死後振り返ったときに、「お父さんて、まるで人生最後のTodoリストをこなしてたみたいだなぁ」と思ったところから、私がそういうふうに演出したにすぎません。

 父が亡くなる少し前に昔からの友人と会ったときのことを後で聞いたんですが、身体は痩せているのに、父はいつもと変わらず心底楽しそうだったそうです。そういう最後の姿を私たちに見せてくれたことに対して、父に感謝しています。一日一日を無駄にせず、生きるってどんなことなんだろう、というのを一番近い場所で知ることができましたから。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.