日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 「わたしも、がんでした」  > 専門家とのコミュニケーションは「信じる」ことから  > 2ページ
印刷

「わたしも、がんでした」

専門家とのコミュニケーションは「信じる」ことから

家族編 「がんは“生きる”と向き合うプロジェクトです」(5)

 砂田麻美=映画監督

もし、相談できる専門家がそばにいてくれたなら

 ただ、いまでも心残りなことがあって、それはがん治療を受けている病院とお医者さま以外に、専門家による心理的なサポートやアドバイスを得られる機会を得られなかったことです。最期の瞬間を迎えるにあたって、相談できる医療従事者が近くにいなかった。

 がんと長期にわたって闘っている方のためには、例えばホスピスのような終末医療のための施設があります。父の場合、ホスピスの利用を具体的に考える前に、病状が一気に悪化して入院することになりました。

 それが年末の2009年12月25日のクリスマス。最後はなんとか家に戻してあげたいとも思いましたが、入院してからわずか5日後、家族みんなに看取られるかたちで、病院で一生を終えました。

 最後まで意識はしっかりしていました。みな父といろいろな話をすることができましたし、幸せな終わり方だったと思っています。

 でも、わずか数日でも本当に家に帰してあげる方法はなかったのか、いまでもその点について考えるときはあります。

 父はそれまで、それこそサラリーマンらしく「病院で死ぬのって現代では自然なことじゃないの」と言っていましたが、やはり最後の最後は家に帰りたそうだったから。ちょっとでいいから、家に帰してあげたかったな…って。

 私たちもできる限りのことをしてあげられたとは思ってるんですが、いろいろなことがあまりに急で、対応しきれなかった部分もある。その具体的な方法を尋ねられる人も、時間的余裕もなかった。だから全部家族だけで決断して、その方法までを用意しなくてはいけないっていうのは、正直難しい部分がありました。もし、死にひんした患者をもつ家族が具体的なことを頼ったり、相談できる専門家がそばにいてくれたなら、どんなに有り難かったかな、というのは、いま振り返って思うことではあります。

砂田麻美(すなだ まみ)さん
映画監督
砂田麻美(すなだ まみ)さん 1978年生まれ。慶應義塾大学在学中からドキュメンタリーを学び、映画製作に携わる。卒業後はフリーの監督助手として、河瀨直美、岩井俊二、是枝裕和らの製作現場に参加。2009年にがん告知を受けた父の最期にカメラを向けたドキュメンタリー映画『エンディングノート』を製作。2011年に一般公開され、監督デビュー。同作は高い評価を受け、第52回日本映画監督協会新人賞・第36回報知映画賞新人賞・芸術選奨文部科学大臣新人賞他多数受賞。2013年にはスタジオジブリを題材にした『夢と狂気の王国』を監督。第39回トロント国際映画祭正式出品の他、香港・北米で一般劇場公開された。小説に『音のない花火』(ポプラ社刊)。

『わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋』
(国立がん研究センターがん対策情報センター編、日経BP社)好評販売中

 医学の進歩によって、「がん=迫りくる死」ではなくなっています。実はかなり多くの人が、がんと共に社会で暮らしています。しかし、がんと共に生きることや働くことは、日本社会ではまだまだ普通のことと思われていません。がんと共に生きるとは、働くとは実際にはどういうことなのか。それを知っていただくために、本書ではがんに関わる当事者の方々に語っていただきました。──「はじめに」より

>>詳しくはこちら(Amazonのページにジャンプします)

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.