日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 「わたしも、がんでした」  > 治療の選択で心掛けたのは、本人の個性を尊重すること
印刷

「わたしも、がんでした」

治療の選択で心掛けたのは、本人の個性を尊重すること

家族編 「がんは“生きる”と向き合うプロジェクトです」(4)

 砂田麻美=映画監督

がんは、患者本人だけの病ではありません。家族みんなが当事者になり得ます。 患者さんが「がんと共に働き、生きる」ためには、家族の役割分担が欠かせません。 では、家族は、どう身内のがんと向き合い、どうサポートすればいいのか。 例えば、がんをきっかけに、患者さんが「よく生きる」ためのプロジェクトとして 家族みんながチームのように役割分担をしながらサポートする。家族編で登場するのは、 ドキュメンタリー映画「エンディングノート」の監督、砂田麻美さんです。 映画は、末期がんと診断された砂田さんのお父さまが、 死後の後始末について「エンディングノート」を家族にしたためるところから始まります。 そんなお父さまと、ご家族やご友人とが一緒に過ごすかけがえのない時間。「死」と向き合うことで、むしろ「生きる」ことを真剣に考える。実行する。 大ヒット映画の舞台裏でもある砂田さんとご家族のご経験から、 がんと家族と人の死と生について、砂田さんと一緒に考えてみましょう。

がんの治療に関して、どの道を選ぶべきか?どんな治療を選択するのか?がん治療に関する説や情報は膨大にあります。でも実際に選べるのはたったひとつ。砂田さんたち家族が、いちばん大切にしようと決めたのは、「本人が選んだ道を最優先しよう」ということでした。

 家族で父の日常をサポートする一方で、いちばん重要なのは、やっぱり、どんながん治療を選択するのがベストだろうか、ということです。

 ところが、これがそう簡単にはわからないんですよね。あらためて調べてみると、がんの治療については、諸説入り乱れていて、さまざまな分野の書籍が書店に並んでいますし、インターネットで検索すると、あれがいい、これはダメだ、ともっともらしいものから怪しげなものまで、いろいろな治療法がひっかかります。

 最初は、いったい何を信じればいいのか、情報収集係の私も、全然見当がつかなくなってくる…。情報の海に溺れちゃいそうになる、というか。

 なので、もう一度、最初のお医者さまの診断から順繰りに理解することにしました。「ステージIVの胃がん」ってどんな病状なんだろう。

 ステージIVの患者さんの生存率はどの程度で、どんな治療の選択肢があるんだろう。

 という具合に、入り口から順番に調べていきました。本もたくさん読みました。もちろん主治医のお医者さまにも、可能な限り質問を投げ掛けました。

 そうやって、まったくの素人の状態から順番にがんについて調べていくうちに、「標準治療」という考え方があるのを知りました。がんに詳しいひとだと、誰もが知っている単語ですけれど、私自身は、父ががんになるまで、聞いたこともありませんでした。そもそも、「標準」ってなんだろう?って感じでしたから。

 本を読んだら、「標準治療」が科学的な根拠に基づいた現在の医療で確立している最善の治療法のこと、というのはすぐにわかりました。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.