日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 「わたしも、がんでした」  > 治療の選択で心掛けたのは、本人の個性を尊重すること  > 2ページ目
印刷

「わたしも、がんでした」

治療の選択で心掛けたのは、本人の個性を尊重すること

家族編 「がんは“生きる”と向き合うプロジェクトです」(4)

 砂田麻美=映画監督

 ただ、そこから先がちょっとややこしくて、他の治療法が病院で全部否定されているかというとそうでもなくて、一般的な医療機関でも「標準治療」以外のオプションの治療を選択できるケースもある、ということを知りました。

 オプションが選べる、となると、こちらもまた迷うわけです。もしかしたら標準治療よりそっちのほうが治る確率が高くなるんじゃないかしら、と。じゃあ、そんなオプションのある医療機関がどこにあって、どんなプラスアルファの治療ができるのか、いったいどれぐらいの金額が掛かるのか、こうしたことも書籍とネットを駆使して調べていったんですね。

「お父さんは迷っているのかもしれない」

 一方で治療方法を模索していた頃の父は、いつになく迷っているように、私には見えま した。

 父は、自分のことは自分で完璧に段取るのが大好きなタイプで、サラリーマン時代の仕事ぶりもそうだった、と同じ会社の方に聞いたことがあります。だいたい、自分ですぐに「エンディングノート」をつくり始めちゃう、というのも、父らしさの表れだと思うんです。

 これまでの父のやり方だと、病院もお医者さまも治療法も自分で全部選ぶぞ、となるはずなんです。けれど、それが、そうならなかった。

 「お父さんは心の奥底で迷っているのかもしれない」

 そう思わされたのは、はじめてのことでした。

 がんにかかったことに対しては、こちらがびっくりするくらい動揺を見せなかった父ですけれど、どの病院に行こう、どの治療を選ぼう、ということについては、いつもの父らしくなかった…。自分で選ぼうとしない、というか、どことなく選べていない…。

 父はそのとき、不思議なぐらい私たち家族の提案に素直に耳を傾けてくれたんですね。それがいっそう、父の混乱を象徴しているようにも見えました。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.