日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 「わたしも、がんでした」  > がんと「闘う」から、がんをきっかけに「よく生きる」を
印刷

「わたしも、がんでした」

がんと「闘う」から、がんをきっかけに「よく生きる」を

家族編 「がんは“生きる”と向き合うプロジェクトです」(2)

 砂田麻美=映画監督

がんは、患者本人だけの病ではありません。家族みんなが当事者になり得ます。患者さんが「がんと共に働き、生きる」ためには、家族の役割分担が欠かせません。では、家族は、どう身内のがんと向き合い、どうサポートすればいいのか。例えば、がんをきっかけに、患者さんが「よく生きる」ためのプロジェクトとして家族みんながチームのように役割分担をしながらサポートする。家族編で登場するのは、ドキュメンタリー映画「エンディングノート」の監督、砂田麻美さんです。映画は、末期がんと診断された砂田さんのお父さまが、死後の後始末について「エンディングノート」を家族にしたためるところから始まります。そんなお父さまと、ご家族やご友人とが一緒に過ごすかけがえのない時間。「死」と向き合うことで、むしろ「生きる」ことを真剣に考える。実行する。大ヒット映画の舞台裏でもある砂田さんとご家族のご経験から、がんと家族と人の死と生について、砂田さんと一緒に考えてみましょう。

ある日、人生に〝限り〞がある、という当たり前の事実を突きつけられて、砂田さんは、「後悔したくない。だからこそベストを尽くそう」と思います。そして、「がんに立ち向かうことは〝死に向かうプロジェクト〞ではなく、本人が、家族が、最期のその日まで〝よく生きる〞ためのプロジェクトなんだろうな」と。

 今にして思うんですが、父と私たち家族が、父のがんに向き合った半年間は、決して「死に立ち向かう」という感じじゃなかったなあ、と。

 がんになった、ということで「死」というのを強烈に意識すると、かえって、毎日毎日をちゃんと生きるってどういうことなんだろう、というのを確かめていくようになっていく。がんと向き合うというのは、例えて言うと、「よく生きる」っていうことを家族総出で挑戦するプロジェクトみたいなものでした。

 がんの告知、特に父がそうだったように「手術不可能です」というステージIVの告知、というのは、戦争の赤紙が突然舞い込んできたみたいな感じだと思うんです。「人生には限りがある」「人はいつか必ず死ぬ」という、すべての人間にとって当たり前の、でも、普段は考えない、考えたくない事実を、いや応なしに突きつけられるわけで。

 父ががんを告知されたことで、父はもちろんですが、私たち家族も「死」というものを強烈に自覚させられました。同時に生きることの価値についても、はっきり考えるようになったんです。

 とにかく後悔だけは絶対したくない。できることは、全部やろう。そんな気持ちが、私たち家族と、そしてもちろん父のモチベーションに、いつしかなっていきました。

 そうなると、がんへの向き合い方もいろいろ変わってくるんです。

 がんになってしまうと、どうしても闘病と治療だけがすべてのような気がしてしまうんですが、がんにかかった父からすれば、闘病と治療だけが自分の人生の残された時間じゃないわけです。今はまだちゃんと歩けるし、考えることも、ご飯だって食べられる。

 だったら、治療以外の時間を、「よりよく生きる」ために使うほかないんだと。だからよく父は「QOL(Qualityoflife)」という言葉を口にしていました。

 そうすると、私たち家族にとっても父と過ごす一日一日の時間がとても貴重に思えてくるんですね。むだな時間なんかないなあ、と思えてくるんです。

 限りある人生をどう過ごすか。いまできること、いまやっておきたいことは何だろう。いま会っておきたいひとは誰だろう。とにかく、できること、ぜんぶやってあげたいな、って。家族みんなでそう思って、いろいろ試行錯誤していると、ああ、家族ってひとつの共同体なんだなあ、と自覚しました。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.