日経Gooday TOP  > 医療・予防  > やさしいがんの学校  > 難治性トップの膵がん 切除可能なら諦めずに手術を  > 3ページ目

やさしいがんの学校

難治性トップの膵がん 切除可能なら諦めずに手術を

11時間目 膵がんについて知ろう

 田村 知子=フリーランスエディター

膵がんの治療

 膵がんでは、病期や患者さんの体力などの全身状態などを考慮して治療法を検討します。

 最も治療効果が高いのは外科切除(手術)です。がんが膵臓にとどまったI期やII期では外科切除となり、膵臓にとどまってはいるものの進行したIII期ではケース・バイ・ケースとなります。外科切除後は抗がん剤による補助療法を行うのが一般的です。また、近年では「ネオアジバント治療」といって、手術の前に補助的に化学療法や放射線治療を行うケースも増えています。Ⅳ期では外科切除が難しく、化学療法のあとに、放射線治療などの補助療法を行います。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り1415文字 / 全文2594文字

この記事の概要

膵炎・膵がん
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.