日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 名医が解説! 最新治療トレンド  > タバコを吸わない人の肺がんが増加、その理由とは?  > 3ページ目

名医が解説! 最新治療トレンド

タバコを吸わない人の肺がんが増加、その理由とは?

オプジーボに次ぐ新薬も登場、激変する肺がん診療の「今」

 田中美香=医療ジャーナリスト

手術不能の肺がんの治療成績を大きく改善した「分子標的薬」

肺がんのスタンダードな治療について教えてください。

高橋 肺がん治療は、がんのタイプや病期によって異なります(図3)。非小細胞肺がんは、IIIAの途中までは手術で切除するのが基本です。がんが3cm以下でリンパ節転移のない初期(IA)であれば、手術単独で5年生存率が90%なので、手術だけとする場合もあります。でも、がんが3cmを超え、肺近くのリンパ節や縦隔(*3)への転移があるII~III期になると、手術だけでは不十分です。再発リスクを減らすために、抗がん剤による術後化学療法を併用するのが一般的です。IIIAの後半~IIIBで、手術でがんを取りきれない場合は、手術は行わず、放射線療法と化学療法を併用します。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.