日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 名医が解説! 最新治療トレンド  > 高齢化で増える「慢性腎臓病」、健診の異常値を見逃さないで  > 3ページ目

名医が解説! 最新治療トレンド

高齢化で増える「慢性腎臓病」、健診の異常値を見逃さないで

【慢性腎臓病・前編】少しの動脈硬化が腎臓では命取り

 田中美香=医療ジャーナリスト

腎臓は沈黙の臓器と呼ばれます。ということは、腎機能が落ちても症状は出にくいのでしょうか。

高野 異常なむくみ(浮腫)や倦怠感、食欲低下を気にして受診すると、血液検査で、既に血清クレアチニンが高値だと分かることが時々あります。しかし、多くの場合は無症状でゆっくり進行します。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

残り4797文字 / 全文5617文字

この記事の概要

腎臓・腎機能
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.