日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 名医が解説! 最新治療トレンド  > 増える大腸がん、人工肛門は減少し新薬が続々登場  > 3ページ目

名医が解説! 最新治療トレンド

増える大腸がん、人工肛門は減少し新薬が続々登場

死亡率は男性3位・女性1位

 田中美香=医療ジャーナリスト

肛門に近い場所にできたがんの場合、やはり術後は人工肛門になってしまうのでしょうか。

高橋 肛門の周りには、肛門を取り巻く恥骨直腸筋や、内肛門括約筋、外肛門括約筋などがあり、失禁が起きないように排便機能を担っています。肛門に近い場所のがんで、筋肉より内側の粘膜下層に留まっている、あるいは筋肉に一部入る程度であれば、外肛門括約筋を温存して直腸を切除し、S状結腸とつなぐことができるようになりました。これにより、人工肛門を造設する割合が少し減りました。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.