日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 名医が解説! 最新治療トレンド  > 増える大腸がん、人工肛門は減少し新薬が続々登場  > 2ページ目

名医が解説! 最新治療トレンド

増える大腸がん、人工肛門は減少し新薬が続々登場

死亡率は男性3位・女性1位

 田中美香=医療ジャーナリスト

大腸内視鏡検査は大変そう…というイメージがありますが、もっと楽な検査はないものでしょうか。

高橋 最近は、「CTコロノグラフィー」、あるいは「バーチャルコロノグラフィー」と呼ばれる、大腸3D-CT検査もあります。これは、体の外からCTで撮影した画像を、コンピューターで3次元に構成し、解析する検査です。過去の開腹手術が原因で腸に癒着があって内視鏡が入りにくい人や、内視鏡に苦痛を感じる人などに適しています。5mm未満のごく小さながんを見つけるには内視鏡検査の方が優れていますが、大腸3D-CT検査の精度も、かなり上がってきています。内視鏡検査に比べて身体的負担が少なく、穿孔(腸に穴があくこと)のリスクが極めて少ないことも利点です。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.