日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 名医が解説! 最新治療トレンド  > 性行為で広がる欧米型のB型肝炎に要注意  > 3ページ目

名医が解説! 最新治療トレンド

性行為で広がる欧米型のB型肝炎に要注意

子どもへのワクチン導入で肝がん減少に期待

 田中美香=医療ジャーナリスト

2016年よりB型肝炎ワクチンが定期接種化される見通し

B型肝炎を減らすことは、国としても大きな課題です。対策はなされているのでしょうか。

小池 国民全員がワクチン接種することを「ユニバーサルワクチネーション(universal vaccination)」といいます。B型肝炎ワクチンは世界180か国以上で義務化されていて、たとえば台湾や中国では30年ほど前から始まり、どんどん肝がんの死亡者数が減っています。ようやく日本でも定期予防接種とするよう、厚生労働省が動き始め、早ければ2016年度からすべての0歳児へ3回接種を公費でまかなう方向で検討されています。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

残り2168文字 / 全文3823文字

この記事の概要

肝機能・脂肪肝
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.