日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 名医が解説! 最新治療トレンド  > 実は大きい認知症診療の格差、その理由とは  > 3ページ目

名医が解説! 最新治療トレンド

実は大きい認知症診療の格差、その理由とは

見落とされがちな認知症診療の問題点に目を向ける【前編】

 田中美香=医療ジャーナリスト

認知症の薬は安易に使わず、まずは生活環境を整えることが必須

病院で認知症だと診断されたら、認知症の治療薬をすぐに使うのでしょうか。

繁田 認知症の薬物治療では、認知機能の程度やその人の状況に応じて、4種類の薬が使われます(図1)。ただ、薬の使い方には注意が必要です。「あなたは認知症です」と診断されると、本人はショックのあまり混乱をきたすことがあるからです。動揺した人が薬を飲んで脳を刺激すると、さらなる混乱を招きかねません。不安が強ければ、精神的に追い込まれた結果、逆に興奮することもあります。認知症だと診断されたからといって、即、薬だけに頼ってはならないのです。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.