日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 名医が解説! 最新治療トレンド  > お酒で顔が赤くなる「フラッシャー」は食道がんのリスクあり  > 3ページ目

名医が解説! 最新治療トレンド

お酒で顔が赤くなる「フラッシャー」は食道がんのリスクあり

早期発見のカギは、症状が出る前の内視鏡検査

 田中美香=医療ジャーナリスト

進行がんに対して行う外科的手術は、内視鏡とどう違うのですか。

井上 食道は、心臓と肺の後ろ側で、背骨の手前という、胸の中の一番深い所にあります(図1)。医師の間で「胸の一番深い場所にあるのは、神のいたずらだ」といわれるほど手術しにくい場所なので、食道がんの手術は大がかりです。開胸して、深い所の食道のがんやリンパ節を切除したら、胃を持ち上げて食道とつながなければなりません。万一ここで縫合不全(*3)が起きたら、肺と心臓の後ろに膿(うみ)がたまるので致命的となることもありえます。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.