日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 名医が解説! 最新治療トレンド  > キスでも感染! 急増する梅毒、どう防ぐ・どう気づく?  > 3ページ
印刷

名医が解説! 最新治療トレンド

キスでも感染! 急増する梅毒、どう防ぐ・どう気づく?

出たり消えたりする症状を見過ごし、感染拡大を招く恐れも

 田中美香=医療ジャーナリスト

梅毒トレポネーマの感染力はどのくらい強いのでしょうか。

石地 梅毒は、HIVよりは感染力が強いものの、空気感染で広まるはしか(*2)ほど強力ではありません。菌が存在する部位に接触さえしなければ、感染しにくいと考えられています。

 感染者が使ったタオルやコップを介して感染することは、理論上は可能性がゼロではありませんが、ほとんどないといっていいでしょう。お風呂も、感染者と同じ浴槽に入ったくらいでは感染しにくいと思われます。ただ、肛門周辺に症状が出ている人が座った風呂イスにすぐに座って肛門などの粘膜が接触すると、感染する可能性がないとはいえません。イスに座る前に、洗い流すようにすれば感染率は低くなります。

 梅毒が感染しやすいのは、粘膜症状のある第I期と、第II期、つまり早期の段階です。第III期以降は菌が減って感染力が落ちるので、早期のうちに治療することが大切です。

*2 はしか(麻疹)は強力な感染力を持つ。映画館や飛行機などの閉鎖された空間では、感染者と同じ空気を吸っているだけで感染が広がってしまう。

感染力が強い発症早期に治療を開始することが大切

インフルエンザの場合、感染直後に検査を受けても陰性になることがあります。梅毒に関してはいかがですか。

梅毒の検査が陽性になるのは感染の4週間後から。(c)Jarun Ontakrai-123RF

石地 梅毒にも、感染直後は検査で陽性にならない期間があります。梅毒のスタンダードな検査は、採血によって梅毒トレポネーマに対する抗体(*3)を調べる血清診断です。感染後に体内で作られる抗体の量(抗体価)が多ければ梅毒と診断しますが、陽性になるまでに感染から2~3週間かかります。抗体ができないうちは、検査を受けても陰性と判定されるのです。陽性になり始めるのは、早くても感染後4週以降です。

 でも、早期の梅毒は感染力が強いため、陽性になるのを待つ間にも、感染が広がるかもしれません。その対策として、検査が陰性でも、梅毒を疑う症状があれば治療に踏み切ることもあります。

梅毒はどのように治療するのでしょうか。

石地 ペニシリン系の抗菌薬(アモキシシリンほか)を1日3回内服します。治療期間は段階によって異なり、第I期は2~4週間、第II期は4~8週間にわたって薬を飲みます。

 問題は、飲み忘れがあること、そして、症状が治まると薬を中断する人が多いことです。しかし、海外ではこうした問題は起こりません。海外ではベンザチンペニシリンGという持続型ペニシリンの筋肉注射が主流で、1回の注射で治療が完結するからです。

 日本では、1950年代、この注射が原因でアレルギー反応(アナフィラキシーショック)を起こし、ショック死した人がいたために使われなくなった経緯があります。しかし、海外では問題なく使われていて、今なお梅毒を内服薬で治療するのは日本だけです。最近になって日本でも梅毒患者が増えてきたので、ようやく筋肉注射の導入に向けて臨床試験を始める動きが出てきました。具体的な時期は未定ですが、数年後には使われるのではないでしょうか。

 梅毒は、いったん治っても、再感染して発病することがあります。梅毒の抗体があるからといって、免疫がつくわけではないのです。再感染しないよう、予防を徹底することが大切です。

*3 抗体とは、体内に入った菌やウイルスに抵抗するために作られる物質。抗体の量が多ければ、感染があった証拠となり、陽性判定となる。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.