日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 名医が解説! 最新治療トレンド  > キスでも感染! 急増する梅毒、どう防ぐ・どう気づく?  > 2ページ
印刷

名医が解説! 最新治療トレンド

キスでも感染! 急増する梅毒、どう防ぐ・どう気づく?

出たり消えたりする症状を見過ごし、感染拡大を招く恐れも

 田中美香=医療ジャーナリスト

 梅毒がなぜ増加しているのか、なぜ若い女性に増えているのかは、まだ明らかではありません。セックスワーカーに多いともいわれますが、梅毒に感染する一般女性もいます。パートナーの男性が風俗店を利用したのかもしれませんが、詳しい感染経路までは断定しがたい状況です(*1)。

 来日する外国人が増えた時期と、梅毒が増えた時期が一致するため、外国人が感染源ではないかという説もあります。しかし、これも推測にすぎず、確かではありません。

*1 岡山市保健所が独自に行った調査では、異性間接触で梅毒に感染した男性の約7割が、数カ月以内に風俗店を利用していたという。また、女性は、梅毒感染者の4人に1人がセックスワーカーという結果だった。この結果を受け、岡山市では梅毒に関するリーフレットを作成するなど、注意喚起を行っている。関連記事:「男性の梅毒患者、7割超が風俗店を利用

梅毒は、多彩な症状が出たり消えたりする

梅毒に感染すると、どのような症状が出ますか。

石地 梅毒の主な感染ルートは性的接触で、梅毒トレポネーマが粘膜を介して感染します。症状は4段階に分けられます(表1)。

表1 梅毒の症状は多岐にわたる
第I期
(約3週間)
  • 陰部や口腔内・口唇にしこり(初期硬結)ができる
  • しこりが崩れると潰瘍になる(硬性下疳;こうせいげかん)
  • 脚の付け根のリンパ節が腫れる
第II期
(約3カ月~)
  • 手のひら・足の裏に暗赤色の発疹が出る(梅毒性乾癬、写真)
  • 全身にピンク色の発疹が現れる(バラ疹)
  • 陰部や肛門に平べったいイボができる(扁平コンジローマ)
  • 微熱、倦怠感がある
第III期
(3年~)
  • 皮膚や骨・筋肉にゴムのような柔らかい腫瘍ができる(ゴム腫)
第IV期
(10年~)
  • 中枢神経が侵される(神経梅毒)
  • 大動脈瘤など、心臓・血管の異変が起こり、死に至ることもある

 第I期では、感染した場所に小豆大のしこりが現れます。このしこりは、性行為で接触した陰部の粘膜にできるのが典型的です。オーラルセックスでも感染するので、唇や口腔内に現れることもあります。しこりが徐々に崩れてただれた状態(潰瘍)になると、梅毒トレポネーマが粘膜表面にたくさん存在するようになり、さらなる感染を起こしやすくなります。

 また、梅毒トレポネーマは陰部から入ることが多いため、陰部に近い太ももの付け根のリンパ節(鼠径リンパ節)が腫れるのも第I期の特徴です。

 第II期に入ると、皮膚の発疹やリンパ節の腫れなどの症状が全身に広がります。リンパや血液の流れに乗って、菌が全身に運ばれるからです。手のひらなどに現れる梅毒性乾癬(写真)や、陰部周辺の平べったいイボ(扁平コンジローマ)、ピンク色の発疹(バラ疹)のほか、微熱や倦怠感が出ることもあります。

写真 梅毒の症状例(第II期)
手のひらや足の裏に暗赤色の発疹が出る(梅毒性乾癬)(C)CDC / Robert Sumpter
[画像のクリックで拡大表示]

 第I期・第II期ともに、症状があっても痛くもかゆくもないため、まさか梅毒とは思わず放置することもあります。しかも、症状が出たり消えたり…という特徴ゆえ、「病院に行かずに治った」と楽観視する人もいるでしょう。そうやって病院に行くチャンスを逃し、気づかないうちに感染が拡大するのが梅毒の怖いところです。でも、症状が再び現れるとさすがに受診する人が多く、今は第III期以降に至る人はまれです。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.