日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 名医が解説! 最新治療トレンド  > キスでも感染! 急増する梅毒、どう防ぐ・どう気づく?  > 2ページ目
印刷

名医が解説! 最新治療トレンド

キスでも感染! 急増する梅毒、どう防ぐ・どう気づく?

出たり消えたりする症状を見過ごし、感染拡大を招く恐れも

 田中美香=医療ジャーナリスト

 梅毒がなぜ増加しているのか、なぜ若い女性に増えているのかは、まだ明らかではありません。セックスワーカーに多いともいわれますが、梅毒に感染する一般女性もいます。パートナーの男性が風俗店を利用したのかもしれませんが、詳しい感染経路までは断定しがたい状況です(*1)。

 来日する外国人が増えた時期と、梅毒が増えた時期が一致するため、外国人が感染源ではないかという説もあります。しかし、これも推測にすぎず、確かではありません。

*1 岡山市保健所が独自に行った調査では、異性間接触で梅毒に感染した男性の約7割が、数カ月以内に風俗店を利用していたという。また、女性は、梅毒感染者の4人に1人がセックスワーカーという結果だった。この結果を受け、岡山市では梅毒に関するリーフレットを作成するなど、注意喚起を行っている。関連記事:「男性の梅毒患者、7割超が風俗店を利用

梅毒は、多彩な症状が出たり消えたりする

梅毒に感染すると、どのような症状が出ますか。

石地 梅毒の主な感染ルートは性的接触で、梅毒トレポネーマが粘膜を介して感染します。症状は4段階に分けられます(表1)。

表1 梅毒の症状は多岐にわたる
第I期
(約3週間)
  • 陰部や口腔内・口唇にしこり(初期硬結)ができる
  • しこりが崩れると潰瘍になる(硬性下疳;こうせいげかん)
  • 脚の付け根のリンパ節が腫れる
第II期
(約3カ月~)
  • 手のひら・足の裏に暗赤色の発疹が出る(梅毒性乾癬、写真)
  • 全身にピンク色の発疹が現れる(バラ疹)
  • 陰部や肛門に平べったいイボができる(扁平コンジローマ)
  • 微熱、倦怠感がある
第III期
(3年~)
  • 皮膚や骨・筋肉にゴムのような柔らかい腫瘍ができる(ゴム腫)
第IV期
(10年~)
  • 中枢神経が侵される(神経梅毒)
  • 大動脈瘤など、心臓・血管の異変が起こり、死に至ることもある

 第I期では、感染した場所に小豆大のしこりが現れます。このしこりは、性行為で接触した陰部の粘膜にできるのが典型的です。オーラルセックスでも感染するので、唇や口腔内に現れることもあります。しこりが徐々に崩れてただれた状態(潰瘍)になると、梅毒トレポネーマが粘膜表面にたくさん存在するようになり、さらなる感染を起こしやすくなります。

 また、梅毒トレポネーマは陰部から入ることが多いため、陰部に近い太ももの付け根のリンパ節(鼠径リンパ節)が腫れるのも第I期の特徴です。

 第II期に入ると、皮膚の発疹やリンパ節の腫れなどの症状が全身に広がります。リンパや血液の流れに乗って、菌が全身に運ばれるからです。手のひらなどに現れる梅毒性乾癬(写真)や、陰部周辺の平べったいイボ(扁平コンジローマ)、ピンク色の発疹(バラ疹)のほか、微熱や倦怠感が出ることもあります。

写真 梅毒の症状例(第II期)
手のひらや足の裏に暗赤色の発疹が出る(梅毒性乾癬)(C)CDC / Robert Sumpter
[画像のクリックで拡大表示]

 第I期・第II期ともに、症状があっても痛くもかゆくもないため、まさか梅毒とは思わず放置することもあります。しかも、症状が出たり消えたり…という特徴ゆえ、「病院に行かずに治った」と楽観視する人もいるでしょう。そうやって病院に行くチャンスを逃し、気づかないうちに感染が拡大するのが梅毒の怖いところです。でも、症状が再び現れるとさすがに受診する人が多く、今は第III期以降に至る人はまれです。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.