図1 骨粗しょう症は、骨の新陳代謝である「骨代謝」のバランスが崩れて起こる

骨では、破骨細胞が古い骨を吸収し(骨吸収)、骨芽細胞が新しい骨を作る(骨形成)という新陳代謝を繰り返している(リモデリング:骨の再構築)。このバランスが崩れて骨吸収が過剰になり、骨量が減少し続けると、骨粗しょう症を招く。(金子博徳氏による原図を基に作成)

記事に戻る