日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 名医が解説! 最新治療トレンド  > 健康長寿を損なう肺の生活習慣病「COPD」  > 3ページ目
印刷

名医が解説! 最新治療トレンド

健康長寿を損なう肺の生活習慣病「COPD」

タバコが原因で肺の組織が破壊され炎症が起きる…禁煙で予防を!

 田中美香=医療ジャーナリスト

長瀬 下の表の通り、使用される薬はさまざまです。最近では、副交感神経を抑制する長時間作用性抗コリン薬(LAMA)と、交感神経を刺激する長時間作用性β2刺激薬(LABA)の2つを合わせた配合薬もよく使われます。

表2 COPDの主な治療薬(商品名)
長時間作用性抗コリン薬(LAMA)・長時間作用性β2刺激薬(LABA)の配合薬ウルティブロ、アノーロ、スピオルト
長時間作用性β2刺激薬(LABA)・吸入ステロイド薬の配合薬アドエア、シムビコート、レルベア
テオフィリン徐放薬テオドール、テオロング、ユニフィル
喀痰調整薬ビソルボン、ムコダイン、クリアナール、ムコソルバン、スペリア

重症になったら、治療法は変わってくるのですか。

長瀬 COPDの患者さんは、風邪などをきっかけに急激に症状が悪化する(急性増悪)ことがあります。急性増悪が起きると呼吸困難を起こし、最悪の場合、死に至りかねません。そのため、インフルエンザや肺炎球菌のワクチンを適切な時期に済ませておき、急性増悪のきっかけとなりやすい感染症を防ぐ必要があります。

 重症度が上がり、症状の悪化を繰り返す場合は、吸入ステロイドも使います。外科治療を行うこともあります。肺気腫が進んでうまく換気できなくなった部分を取り除き、残る部分が機能しやすいように容積を増やす治療です。ただ、外科治療を行っても劇的に治るわけではないので、最近はあまり行われなくなっています。そのほか、呼吸不全が進行し、自然呼吸だけでは酸素を十分に取り込めなくなってしまった場合は、在宅酸素療法も適用されます。これは酸素供給機を自宅に設置して酸素を吸入する方法で、入院しなくて済むという利点があります。

禁煙に加えて、やせ防止と運動も大切

日常生活上の注意としては、やはり禁煙が第一でしょうか。

長瀬 COPD患者が喫煙を続ける限り、坂を転げ落ちるように悪くなるしかありません。禁煙すればCOPDの進行を食い止められるので、どうしても禁煙が必須です。本人の意思を確認しながら、内服薬バレニクリン(商品名チャンピックス)やニコチン貼付剤により禁煙治療を進めます。

 ただし、COPD患者が禁煙するのは当然として、早期に禁煙してほしいのは、今後COPDを発症する可能性のある人です。少しでも早く禁煙して、肺機能の低下を止めてほしいと願います。

禁煙以外に、日常生活において心掛けるべきことは何でしょうか。

長瀬 まずは栄養状態を良好に保つことです。COPD患者にはやせた人が多いことが分かっています。理由の1つは食欲の低下です。COPDになると、肺が過度に膨張し、横隔膜が下がって胃が押され、胃の容量が減ってしまい、食欲が落ちてしまうのです。緊急入院したCOPD患者を調べた研究によると、BMI(*2)が18.5未満のやせ形の人は死亡率が有意に高いことが分かっています(*3)。一度に少ししか食べられなければ食事の回数を増やすなど、適正体重を維持するよう心掛けていただきたいと思います。

 栄養と並んで、運動も欠かせません。息が切れると動かなくなり、全身の機能も落ち、いっそう動かなくなる…という悪循環に陥りがちですが、身体活動性が高い人ほど、COPDの経過は良い傾向があります。平地をゆっくり歩くだけでもいいので、続けられる運動をしてください。

*2 BMI:体重と身長の関係から肥満度を示す体格指数。体重(kg)/身長(m)×身長(m)で算出する。わが国ではBMI25以上が肥満とされる。
*3  Yamauchi Y, et al. Paradoxical association between body mass index and in-hospital mortality in elderly patients with chronic obstructive pulmonary disease in Japan. International Journal of COPD. 2014;9:1337-1346.

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.