日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 名医が解説! 最新治療トレンド  > 健康長寿を損なう肺の生活習慣病「COPD」
印刷

名医が解説! 最新治療トレンド

健康長寿を損なう肺の生活習慣病「COPD」

タバコが原因で肺の組織が破壊され炎症が起きる…禁煙で予防を!

 田中美香=医療ジャーナリスト

5月31日は世界禁煙デー。禁煙推進に向けた取り組みが功を奏し、日本の喫煙率はようやく19.3%まで下がってきた(2016年「全国たばこ喫煙者率調査」)。その一方で、喫煙を主な原因とする慢性閉塞性肺疾患(以下、COPD)は、今後も増加することが確実視されている。COPDとはどのような病気でどう治療するのか、東京大学医学部附属病院呼吸器内科科長の長瀬隆英氏に聞いた。

COPDは「肺の生活習慣病」

COPDとはどのような病気なのでしょうか。

タバコの煙を長期間吸い込むことで肺の炎症や破壊が起こる。一度壊れた肺の組織は元に戻ることはない。(c) Roberto Biasini-123rf

長瀬 COPD(慢性閉塞性肺疾患)は「Chronic Obstructive Pulmonary Disease」の略で、タバコの煙などの有害物質を長期間吸い込むことによって、肺の炎症や破壊が起こる病気です。以前は「肺気腫」「慢性気管支炎」などと呼ばれていましたが、今はまとめてCOPDと呼ばれています。喫煙や受動喫煙という生活習慣によって起こるため、「肺の生活習慣病」という異名を持ちます。

 COPDの主症状は、咳・痰・息切れの3つです。有害物質の影響で肺の組織が少しずつ壊れていくため、息を吐き出す力が弱くなり、気管支の炎症によって咳や痰が出てきます。これらの症状は、いずれも簡単に自覚できるように見えますが、発症早期の場合、意外と気づかないのが難点です。その理由は、車社会の発達や、バリアフリー化です。現代社会は、階段を上がらなくて済む、歩かなくて済むという生活スタイルになっているため、初期症状の「労作時の息切れ」を自覚する機会が減り、早期発見が難しくなっているのです。

便利な生活が病気を気づきにくくするとは皮肉なものですね。COPD はどのくらい増えているのですか。

長瀬 COPDは世界規模で増加しています。世界保健機関(WHO)によると、2030年には世界の死因の第3位に上がることがほぼ確実視されています(表1)。COPDは高齢化と喫煙歴、この2つの要素によって進行するため、高齢社会を迎えた日本では今後も増えると予測されます。喫煙率は徐々に下がってきましたが、喫煙してからCOPD発症までにかかる年月は30~40年。そのため、数十年先まではCOPDによる死亡が増えると予想されています。

表1
COPDによる死亡は、世界的に増えている(出典:WHO World Health Statistics 2008)
[画像のクリックで拡大表示]

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.