日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 名医が解説! 最新治療トレンド  > 皮膚が赤く腫れてかゆい「じんましん」はなぜ起こる?  > 2ページ目

名医が解説! 最新治療トレンド

皮膚が赤く腫れてかゆい「じんましん」はなぜ起こる?

抗ヒスタミン薬に加えて、重症の場合は新たに注射薬も登場

 田中美香=医療ジャーナリスト

物理的刺激や体温の上昇、ストレスが関係することもある

原因が分かるじんましんのうち、特に多いものは何でしょうか。

猪又 一番多いのは物理的な刺激で、こすれたり、かいたりした部分に膨疹が出ます(図2)。重症の場合は、机に腕を置いただけでも接触面に膨疹が出たり、頬杖をついたら顔面に手のひら型の跡が残ったりします。しかし、なぜその人に、その年齢で出るのかは不明です。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.