日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 名医が解説! 最新治療トレンド  > 破裂すればくも膜下出血! 脳動脈瘤はどう治療する?
印刷

名医が解説! 最新治療トレンド

破裂すればくも膜下出血! 脳動脈瘤はどう治療する?

開頭しないカテーテルによる治療も大きく進化

 田中美香=医療ジャーナリスト

脳ドックなどで偶然見つかることの多い、脳動脈瘤。破裂すればくも膜下出血となり、致死率は3割を超えるが、破裂しないまま一生を終えることもあり、治療すべきかどうか頭を悩ませる人も少なくない。近年は、脳動脈瘤を取り除く治療も大きく進化している。未破裂脳動脈瘤の怖さと最新の治療技術について、世界的な治療実績を持つ昭和大学医学部脳神経外科学講座主任教授の水谷徹氏に聞いた。

脳動脈瘤は、動脈硬化とは関係なく、物理的な刺激で生じる

脳の中になぜ動脈瘤ができるのか、まずは病気の成り立ちについて教えてください。

水谷 動脈瘤は動脈の一部がコブ状に膨らむもので、これが脳の動脈にできると脳動脈瘤と呼ばれます。その多くは動脈が枝分かれするところにできます(図1)。血管の分岐部は血流が当たり続けるため、壁が弱くなり、コブのように膨らみやすいのです。

図1 脳動脈瘤ができる場所
脳動脈瘤は、脳を覆う軟膜とくも膜の間にある「くも膜下腔」というスペースにできる。多くは脳動脈が枝分かれするところに発生する。原図(c)Roberto Biasini-123RF

 動脈の病気はメタボリックシンドローム(メタボ)の人に多いと思われがちですが、脳動脈瘤の多くは、メタボの有無とは関係なく、血管壁に血流が当たるという物理的な刺激で生じます。メタボの人によく見られる、血管の中にコレステロールなどがたまる動脈硬化とは成り立ちが全く違うことに注意が必要です。

 脳動脈瘤は、脳を覆う軟膜とくも膜の間にある、くも膜下腔というスペースに見られます。破裂する前に発見されるものを未破裂脳動脈瘤といい、破裂して起こるのが、致命率が高いことで知られるくも膜下出血です。

脳動脈瘤ができやすいのはどんなタイプの人ですか。

水谷 顕著に多いのは喫煙者です。また、タバコを吸わなくても、近親者にくも膜下出血を起こした人や脳動脈瘤のある人がいるなど、遺伝的要素による場合もあります。

 年齢でいえば若い人より中高年に多く、性別では男性より女性のほうが1割ほど多く見られます。脳動脈瘤ができる場所によっては3~4倍も女性のほうが多いこともあるのですが、女性に多い理由は分かっていません。

くも膜下出血はハンマーで殴られるような強い頭痛が特徴だと聞きます。脳動脈瘤にも症状があるのでしょうか。

水谷 破裂していない段階で症状が出るかどうかは、脳動脈瘤ができる場所や大きさによります。一番多いのは、目を動かす神経が脳動脈瘤に圧迫される「動眼神経麻痺」で、まぶたが勝手に閉じる、物が二重に見えるなどの症状が現れます。脳動脈瘤が視神経の近くにあれば視野が欠けることもあります。

 ただし、多くの場合、未破裂脳動脈瘤に症状はありません。症状が出やすいのは大きな脳動脈瘤ですが、3~4mmであってもまず症状は出ないと言っていいでしょう。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.