日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 名医が解説! 最新治療トレンド  > 破裂すればくも膜下出血! 脳動脈瘤はどう治療する?
印刷

名医が解説! 最新治療トレンド

破裂すればくも膜下出血! 脳動脈瘤はどう治療する?

開頭しないカテーテルによる治療も大きく進化

 田中美香=医療ジャーナリスト

脳ドックなどで偶然見つかることの多い、脳動脈瘤。破裂すればくも膜下出血となり、致死率は3割を超えるが、破裂しないまま一生を終えることもあり、治療すべきかどうか頭を悩ませる人も少なくない。近年は、脳動脈瘤を取り除く治療も大きく進化している。未破裂脳動脈瘤の怖さと最新の治療技術について、世界的な治療実績を持つ昭和大学医学部脳神経外科学講座主任教授の水谷徹氏に聞いた。

脳動脈瘤は、動脈硬化とは関係なく、物理的な刺激で生じる

脳の中になぜ動脈瘤ができるのか、まずは病気の成り立ちについて教えてください。

水谷 動脈瘤は動脈の一部がコブ状に膨らむもので、これが脳の動脈にできると脳動脈瘤と呼ばれます。その多くは動脈が枝分かれするところにできます(図1)。血管の分岐部は血流が当たり続けるため、壁が弱くなり、コブのように膨らみやすいのです。

図1 脳動脈瘤ができる場所
脳動脈瘤は、脳を覆う軟膜とくも膜の間にある「くも膜下腔」というスペースにできる。多くは脳動脈が枝分かれするところに発生する。原図(c)Roberto Biasini-123RF

 動脈の病気はメタボリックシンドローム(メタボ)の人に多いと思われがちですが、脳動脈瘤の多くは、メタボの有無とは関係なく、血管壁に血流が当たるという物理的な刺激で生じます。メタボの人によく見られる、血管の中にコレステロールなどがたまる動脈硬化とは成り立ちが全く違うことに注意が必要です。

 脳動脈瘤は、脳を覆う軟膜とくも膜の間にある、くも膜下腔というスペースに見られます。破裂する前に発見されるものを未破裂脳動脈瘤といい、破裂して起こるのが、致命率が高いことで知られるくも膜下出血です。

脳動脈瘤ができやすいのはどんなタイプの人ですか。

水谷 顕著に多いのは喫煙者です。また、タバコを吸わなくても、近親者にくも膜下出血を起こした人や脳動脈瘤のある人がいるなど、遺伝的要素による場合もあります。

 年齢でいえば若い人より中高年に多く、性別では男性より女性のほうが1割ほど多く見られます。脳動脈瘤ができる場所によっては3~4倍も女性のほうが多いこともあるのですが、女性に多い理由は分かっていません。

くも膜下出血はハンマーで殴られるような強い頭痛が特徴だと聞きます。脳動脈瘤にも症状があるのでしょうか。

水谷 破裂していない段階で症状が出るかどうかは、脳動脈瘤ができる場所や大きさによります。一番多いのは、目を動かす神経が脳動脈瘤に圧迫される「動眼神経麻痺」で、まぶたが勝手に閉じる、物が二重に見えるなどの症状が現れます。脳動脈瘤が視神経の近くにあれば視野が欠けることもあります。

 ただし、多くの場合、未破裂脳動脈瘤に症状はありません。症状が出やすいのは大きな脳動脈瘤ですが、3~4mmであってもまず症状は出ないと言っていいでしょう。

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.