日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 名医が解説! 最新治療トレンド  > 破裂すればくも膜下出血! 脳動脈瘤はどう治療する?  > 3ページ
印刷

名医が解説! 最新治療トレンド

破裂すればくも膜下出血! 脳動脈瘤はどう治療する?

開頭しないカテーテルによる治療も大きく進化

 田中美香=医療ジャーナリスト

 開頭手術では、脳動脈瘤の根元をチタン製のクリップではさみ、コブの中に血流が入らないようにします(表1)。開頭するぶん患者さんの体の負担は大きいのですが、根治性が高いのがメリットです。クリップの形はさまざまで、大きさも1cm未満から5cmまで何十種類もあります。

 ただし、術者から見えにくい場所にある脳動脈瘤はもちろん、血管が癒着している場合も手術が困難となり、癒着を剥がすときに破裂するリスクがあります。それに脳動脈瘤の形は千差万別で、どこをどうクリップで止めるかは職人の技。執刀医には高いスキルが求められます。

表1 開頭手術(クリッピング術)のメリット・デメリット
方法
  • 開頭し、脳動脈瘤の根元をクリップで止めて血液の流入を防ぐ
  • 脳動脈瘤から分岐する動脈が出ている場合はバイパス術を行うこともある(クリップで動脈を閉塞させつつ、新たな血管でつなぐ)
  • 手術は5~6時間、入院期間は10~12日
メリット
  • 再発率が低く、根治が期待できる
  • 動脈瘤の形にかかわらず、根っこの広いタイプ(ブロードネック)にも対応できる
  • 手術中に万一破裂しても、その場で対処できる
デメリット
  • 患者の負担が大きく、頭皮に傷痕が残る
  • 術者の技術に左右されやすい

開頭しない「血管内治療」はどのような方法なのですか。

水谷 血管内治療は、太腿の付け根(鼠径部)から動脈の中にカテーテルを入れて脳に到達させ、血管の中から治療する方法です(表2)。開頭しないので、患者さんの負担が少ないのが利点です。血管内治療の1つ、コイル塞栓術では、カテーテルを通じて脳動脈瘤の中に1本のコイルを送り込み、巻きながらコブの中に詰めていきます。コイルを詰めると、その周りに血の塊(血栓)ができて内腔が埋まり、破裂を防ぐことができます。

表2 血管内治療のメリット・デメリット
方法
  • 足の付け根(鼠径部)からカテーテルを入れ、脳まで到達させて治療する
  • 手術は約2時間、入院期間は4~5日
<コイル塞栓術>
動脈瘤の中にコイルをクルクル巻いて詰める(同時に動脈にステントを留置するのが一般的)
<フローダイバーター留置術>
目の細かいステントを動脈に留置し、動脈瘤に血流が入るのを防ぐ。根っこが広い形の動脈瘤にも使いやすい

原図(c)Roberto Biasini-123RF
メリット
  • 開頭しなくてもいいので患者の負担が少ない
  • 動脈瘤が左右にある場合でも治療できる
デメリット
  • 開頭手術に比べると再発率が高い
  • ステント留置によって血栓ができやすいため、治療後は抗血小板薬を飲み続ける必要がある

 コイルを詰めた後は、動脈の中にコイルが落ちてくるのを防ぐためにステントという筒型の金属を留置する場合もあります。しかし、それでも大型の動脈瘤は、再びコブの中に血流が入って再発してしまうことが多いという問題がありました。そこで2015年、フローダイバーターという目の細かいステントが認可され、現状のステントに比べてコブの中に血液が流入するのをより防げるようになりました。ただし、フローダイバーターは使える部位が限られ(*4)、特定の施設や術者しか認可されていないのであまり広まっていません。

*4 フローダイバーターは内頸動脈にできた大きな脳動脈瘤に限定されている。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.