図2 眼圧を左右する「房水」が循環する仕組み

毛様体で産生された房水(青矢印)は、水晶体の前面を通って隅角へ流れ、線維柱帯から排出される。原図(C)Ivan Trifonenko -123rf

記事に戻る