日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 名医が解説! 最新治療トレンド  > 気づいたときには失明寸前…忍び寄る「緑内障」はなぜ見逃される?  > 4ページ目

名医が解説! 最新治療トレンド

気づいたときには失明寸前…忍び寄る「緑内障」はなぜ見逃される?

40歳以上の20人に1人が発症、傷んだ視神経は回復せず早期発見が重要

 田中美香=医療ジャーナリスト

力む、頭の位置を下げるなどの動作は眼圧上昇の原因に

緑内障になるリスクを減らす方法があればぜひお聞かせください。

富田 軽い有酸素運動など、適度な運動は眼圧を下げる意味で悪くないといわれます。しかし、ギュッと力を入れる運動は要注意です。手を握りしめて筋肉が緊張するだけで、眼圧は2~3mmHg上がります。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.