日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 季節の病気を上手に防ぐ  > A香港型インフルエンザはなぜ怖い?  > 4ページ目
印刷

季節の病気を上手に防ぐ

A香港型インフルエンザはなぜ怖い?

気になるワクチンや薬の最新情報

 田中美香=医療ジャーナリスト

かからぬ先の抗インフルエンザウイルス薬 ~予防的投与のススメ~

 前述したように、ワクチンは小児や成人では一定の効果が認められるが、問題は高齢者だ。高齢者ではA香港型に対するワクチンの有効性は低く、重症化しやすいため、ワクチンを打ったからといって安心できない。

 そこで検討したいのが、抗インフルエンザ薬の「予防的投与」だ。「ワクチン効果の低いA香港型が流行すれば、感染した人の家族にも容易にうつります。同居家族から高齢者など、重症になりやすい人への感染を予防するためには、予防的投与が効果的です(*4)」(菅谷氏)。抗インフルエンザ薬を予防薬として用いる時は、治療薬として用いるときとは使い方が少し異なる。たとえば、タミフルを治療のために使用する場合は、1日2カプセルを5日間飲むが、予防的に飲む場合は1日1カプセルを7~10日間服用する。

 ただし、予防投与に健康保険は適用されない。残念ながら自費診療となるが、あてはまる人が家族にいるなら、うつる前にかかりつけ医に相談してみよう。

*1 Kelvin DJ, et al. J Infect Dev Ctries. 2013 Mar 14;7(3):299-301.
*2 Bragstad K, et al. Low vaccine effectiveness against influenza A(H3N2) virus among elderly people in Denmark in 2012/13--a rapid epidemiological and virological assessment. Euro surveillance. 2013;18(6).
*3 Griffin MR, et al. U.S. hospitalizations for pneumonia after a decade of pneumococcal vaccination. N Engl J Med. 2013 Jul 11;369(2):155-163.
*4 予防的投与の対象は、インフルエンザに感染した同居人がいる人で、かつ、高齢者(65歳以上)のほか、慢性心疾患・糖尿病などの代謝性疾患・腎機能障害・慢性呼吸器疾患を持つ人。保険は利かず、自由診療扱いとなる。
日本では未承認の生ワクチン「フルミスト」って?

 日本で認可されているインフルエンザのワクチンは、皮下注射用の不活化ワクチンという種類のワクチンだが、欧米では噴霧型の生ワクチン「フルミスト」を子どもに接種するよう勧められている(*5)。「フルミストは鼻にシューッと噴霧するだけなので、痛がりの子どもにはうれしいワクチンです。年齢の低い子どもに関しては、フルミストの方が免疫がつきやすいという報告もあります。しかし、日本人での副作用はまだわかりません。また、喘息の子どもには使えません」(菅谷氏)。

 フルミストは、不活化ワクチンと同様に鶏卵で製造しているため、A香港型に対する効果に関しては不活化ワクチンと同様の懸念がある、とも菅谷氏は言う。また、欧米では安全性が確立しているものの、日本では使用経験が少なく、副反応の頻度も不明だ。「日本にもフルミストを個人輸入して使っている医師がいますが、万が一、重い副反応が起きてしまっても、予防接種法の救済制度の対象外となりますので、接種を希望する方はそのことも念頭に置いておく必要があります」(菅谷氏)。

 ちなみに、フルミストは日本でも認可に向けての臨床試験が始まっており、近い将来、使えるようになるとみられている。

*5 生ワクチンとは、病原性を弱くしたウイルスを基に製造されたワクチンで、毒性の弱いウイルスを体内で増殖させることによって免疫をつける(BCG、麻疹・風疹〔MR〕、水痘など)。それに対して不活化ワクチンは、ウイルスを殺して毒性をなくし、免疫をつける上で有効な成分を取り出して製造したものをいう(インフルエンザや三種〔二種/四種〕混合、日本脳炎など)。
菅谷憲夫(すがやのりお)さん
けいゆう病院小児科、慶応大学医学部客員教授
菅谷憲夫(すがやのりお)さん 1972年慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学小児科、日本鋼管病院小児科長を経て、2002年神奈川県警友会けいゆう病院小児科部長。慶應義塾大学医学部客員教授でもある。 日本小児科学会専門医、日本感染症学会感染症専門医、日本感染症学会指導医、インフェクション・コントロール・ドクター(ICD)。WHO新型インフルエンザ薬物治療ガイドライン委員、日本感染症学会新型インフルエンザ対策委員を務めた。
編集協力:ソーシャライズ
病気の解説やその分野のトップレベルのドクターを紹介するWebサイト「ドクターズガイド」を運営。

先頭へ

前へ

4/4 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.