日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 季節の病気を上手に防ぐ  > ノロウイルス、どうすればうつらない? うつさない?  > 3ページ
印刷

季節の病気を上手に防ぐ

ノロウイルス、どうすればうつらない? うつさない?

正しい知識で冬の嘔吐・下痢を回避しよう

 田中美香=医療ジャーナリスト

身近な人の「もしも」に備え“七つ道具”をそろえておこう

 もし、身近な人がノロウイルスに感染し、看病することになったとしたら、いかに自分が感染しないで済むかを考えなければならない。そのためには、吐物や便を素手で片づけるなんてことは絶対に避けたい。エプロンや使い捨ての手袋・マスクをつけ、汚物に新聞紙などをかけて飛び散るのを防ぎながら拭き取ること。顔や髪に手を触れるのもご法度。床などは塩素系漂白剤で拭いてから、さらに水拭きも必要だ。下にまとめた“七つ道具”を常備しておき、うつらないよう注意して処理に当たろう。ノロウイルスは熱に弱い性質があるので、加熱処理も併せて行うことだ(下図)。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、症状が落ち着いても、ノロウイルスが体の外に出たとは限らない。通常は回復から1~2週間でウイルスが排出されるが、中には40~50日、さらに相楽氏の調査によると、3カ月もウイルスが体内に残っていた例もあるという。相楽氏は、「下痢が終わったから、嘔吐が収まったからといって、ウイルスが消えたとは限りません。ノロウイルスに感染しても、症状がない人だっているのです」と語る。ウイルスを拡散させないためには、症状がないからといって油断せず、これまで触れたように、日ごろからこまめな手洗いを心掛けることが肝要だ。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.