日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 季節の病気を上手に防ぐ  > ひどい日焼けで肌が真っ赤に! 冷やしても痛みが引かないときは…  > 3ページ目

季節の病気を上手に防ぐ

ひどい日焼けで肌が真っ赤に! 冷やしても痛みが引かないときは…

薬局の「あの飲み薬」が効果的

塗りっぱなしの日焼け止めは「光劣化」を起こす

焼きすぎにはご用心!(©Pavel Ilyukhin -123rf)

 最近の日焼け止めは、UVAもUVBもカットしてくれるスグレ物ぞろいだ。しかし、種類が多すぎてどれを使えばいいのかよく分からないのも事実。選び方について、「あまり神経質に考えなくていいのでは」と上出氏は話す。「極端な話、松・竹・梅の3段階程度で商品が出ていれば選びやすいのですが、品揃えが豊富すぎて、かえって選びにくい状況です。でもSPFPA(*1)はだいたい比例していて、SPFが高ければPAも高くなります。しっかり塗ればSPF30でほぼ防御できます」(上出氏)。

 日焼け止めを使う際は、2時間を目安に塗り直すようにしたい。それは、汗で落ちることに加えて、日焼け止めの元となる化学物質が「光劣化」を起こすからだ。光劣化とは、日光によって物質が劣化すること。日常生活ではあまりシビアに考えなくてよいが、海や山で長時間過ごす場合は、一度塗ったきりで終わらず、日焼け止めが劣化する前に塗り直そう。

妊婦と高齢者は、日光を完全防御しないで

 皮がむけるほどの日焼けは避けたいが、多少は日光に当たるほうがいい場合もある。日光に当たることで、体内にビタミンDが作られるからだ。ビタミンDは骨や筋肉を維持するのに必要な栄養素。乾燥キクラゲ、チーズ、マグロ、きのこなどに多く含まれる。バランスの良い食生活のほか、普段の買い物や外出で紫外線に当たる程度で、十分なビタミンDが生合成されるはずだ。

 注意を要するのは妊婦だ。最近は母乳で赤ちゃんを育てたいと望む女性が多いが、母乳に含まれるビタミンDはそれほど多くない。完全母乳の育児を希望するなら、日焼け止めは顔などの最小限のパーツだけにするなど、少しは日光に当たる時間も必要だ。

 また、高齢者にとっても、ビタミンDは不足しがちな栄養素の1つ。ビタミンは肝臓と腎臓で活性化されるが、高齢者はその能力が低下する。さらに、食が細くなってビタミンDの摂取量も少なくなるので、高齢者は閉じこもらないで外に出ると効果的だ。

 「紫外線は、直射日光だけではありません。空気中のエアロゾルという細かいチリが日光を散乱するので、木陰にも紫外線が届きます。時々、皮膚がんになるからと言って極端に外出を避ける人がいますが、皮膚がんになる前に栄養失調になりかねません。真っ赤になるほどの日焼けは避けるべき。かといって、過剰な防御もダメです。知らず知らずの間に日に当たるくらいが適切です」(上出氏)。

*1 SPF(sun protection factor)は、紫外線の中でも特にUVBをカットする割合のこと。PA(protection grade of UVA)はUVAを防ぐ効果を示し、+、++、+++、++++の4段階で表示される。
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.