日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 季節の病気を上手に防ぐ  > ひどい日焼けで肌が真っ赤に! 冷やしても痛みが引かないときは…
印刷

季節の病気を上手に防ぐ

ひどい日焼けで肌が真っ赤に! 冷やしても痛みが引かないときは…

薬局の「あの飲み薬」が効果的

夏になると、誰もが避けて通れない「日焼け」。海水浴に行かなくても、連日の日差しと照り返しでじわじわと肌が褐色を帯びてくる。日焼けしやすいかどうかには個人差があり、悩みの度合いも人それぞれ。場合によっては、ただの日焼けではなく、日光による皮膚障害を起こすこともある。ジリジリ照りつける日光にどう対処すればいいのか、ひふのクリニック人形町院長の上出良一氏に聞いた。

あなたはどのタイプ? 色黒の人ほど紫外線に強い

 海や山にと、アウトドアが楽しくなる夏。そこで直面するのが日焼けの悩みだ。同じように屋外で過ごしても、肌が真っ赤になるが、黒くはならずに元に戻る人もいれば、どんどん黒くなる人もいて、人によって焼け方はさまざまだ。

 日焼けには、サンバーン(sun burn)とサンタン(suntanning)の2種類がある(図1)。日焼けをすると、まず肌が赤くなり、皮膚がやけどを起こした状態(サンバーン)となり、その後、黒くなる(サンタン)。サンバーンは皮膚の炎症、サンタンは炎症後の色素沈着だ。皮膚のタイプによってサンバーンとサンタンの程度は異なり、色白の人はサンバーンを起こしやすい。一方、色黒の人はサンバーンを起こしにくく、色素が沈着してさらに肌の色が黒くなる(サンタン)。その理由は、皮膚に存在するメラニンという色素を合成する能力の違いだ。

図1 サンバーンとサンタンの違い
色白の人ほど、紫外線のダメージで皮膚に炎症が起こって赤くなりやすい(サンバーン)。地黒の人は紫外線のダメージが小さく、赤くならずに黒くなる(サンタン)。人によってそれぞれの程度は異なる。
[画像のクリックで拡大表示]

 メラニンは、紫外線による炎症を防ぎ、紫外線から肌を守る大切な役割をしている。色が黒くなるサンタンは、メラニンが沈着した結果で、一種の防御反応といえる。メラニンの合成能力が低い人(サンタンを起こしにくい人)は紫外線のダメージを受けやすく、日光を浴びると赤くなり、あまり黒くならない。逆に、メラニンの合成能力が高い人(サンタンを起こしやすい人)は紫外線のダメージを受けにくく、すぐに肌が黒くなるという特徴がある。

 白色人種(白人)は、メラニンの合成量が少ない。このため、日に当たると皮膚は容易に赤くなり、黒くならないので常にダメージが大きい。一方、メラニンの合成量が多い黒色人種(黒人)は、もともと黒いので皮膚にダメージを受けにくい。皮膚の色によって、手入れの仕方も違ってくる(図2)。

図2
[画像のクリックで拡大表示]

 黄色人種の皮膚色はその中間で、サンバーン後にサンタンを生じる。同じ日本人でも、色白の人は赤くなるサンバーンが強く、色黒の人はあまり赤くならず褐色のサンタンが生じやすいなど、反応に個人差がある。自分の皮膚タイプを知りたいなら、下着に隠れたお尻の色を見てみるといいだろう。「お尻が白ければ白人に近く、地黒なら黒人に近い反応を示します。ふだん日光に当たらないお尻の色が、その人の本来の皮膚のタイプです。顔や手足のように、目に入る“表向き”の色で判断しないでください」(上出氏)

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.