日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 季節の病気を上手に防ぐ  > ひどい日焼けで肌が真っ赤に! 冷やしても痛みが引かないときは…
印刷

季節の病気を上手に防ぐ

ひどい日焼けで肌が真っ赤に! 冷やしても痛みが引かないときは…

薬局の「あの飲み薬」が効果的

夏になると、誰もが避けて通れない「日焼け」。海水浴に行かなくても、連日の日差しと照り返しでじわじわと肌が褐色を帯びてくる。日焼けしやすいかどうかには個人差があり、悩みの度合いも人それぞれ。場合によっては、ただの日焼けではなく、日光による皮膚障害を起こすこともある。ジリジリ照りつける日光にどう対処すればいいのか、ひふのクリニック人形町院長の上出良一氏に聞いた。

あなたはどのタイプ? 色黒の人ほど紫外線に強い

 海や山にと、アウトドアが楽しくなる夏。そこで直面するのが日焼けの悩みだ。同じように屋外で過ごしても、肌が真っ赤になるが、黒くはならずに元に戻る人もいれば、どんどん黒くなる人もいて、人によって焼け方はさまざまだ。

 日焼けには、サンバーン(sun burn)とサンタン(suntanning)の2種類がある(図1)。日焼けをすると、まず肌が赤くなり、皮膚がやけどを起こした状態(サンバーン)となり、その後、黒くなる(サンタン)。サンバーンは皮膚の炎症、サンタンは炎症後の色素沈着だ。皮膚のタイプによってサンバーンとサンタンの程度は異なり、色白の人はサンバーンを起こしやすい。一方、色黒の人はサンバーンを起こしにくく、色素が沈着してさらに肌の色が黒くなる(サンタン)。その理由は、皮膚に存在するメラニンという色素を合成する能力の違いだ。

図1 サンバーンとサンタンの違い
色白の人ほど、紫外線のダメージで皮膚に炎症が起こって赤くなりやすい(サンバーン)。地黒の人は紫外線のダメージが小さく、赤くならずに黒くなる(サンタン)。人によってそれぞれの程度は異なる。
[画像のクリックで拡大表示]

 メラニンは、紫外線による炎症を防ぎ、紫外線から肌を守る大切な役割をしている。色が黒くなるサンタンは、メラニンが沈着した結果で、一種の防御反応といえる。メラニンの合成能力が低い人(サンタンを起こしにくい人)は紫外線のダメージを受けやすく、日光を浴びると赤くなり、あまり黒くならない。逆に、メラニンの合成能力が高い人(サンタンを起こしやすい人)は紫外線のダメージを受けにくく、すぐに肌が黒くなるという特徴がある。

 白色人種(白人)は、メラニンの合成量が少ない。このため、日に当たると皮膚は容易に赤くなり、黒くならないので常にダメージが大きい。一方、メラニンの合成量が多い黒色人種(黒人)は、もともと黒いので皮膚にダメージを受けにくい。皮膚の色によって、手入れの仕方も違ってくる(図2)。

図2
[画像のクリックで拡大表示]

 黄色人種の皮膚色はその中間で、サンバーン後にサンタンを生じる。同じ日本人でも、色白の人は赤くなるサンバーンが強く、色黒の人はあまり赤くならず褐色のサンタンが生じやすいなど、反応に個人差がある。自分の皮膚タイプを知りたいなら、下着に隠れたお尻の色を見てみるといいだろう。「お尻が白ければ白人に近く、地黒なら黒人に近い反応を示します。ふだん日光に当たらないお尻の色が、その人の本来の皮膚のタイプです。顔や手足のように、目に入る“表向き”の色で判断しないでください」(上出氏)

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.