日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 季節の病気を上手に防ぐ  > 夏本番、今年も「デング熱」流行に注意!  > 4ページ目

季節の病気を上手に防ぐ

夏本番、今年も「デング熱」流行に注意!

ウイルスの越冬の可能性は低いが、海外からの持ち込みに警戒を

 田中美香=医療ジャーナリスト

「小さな水溜まり」をなくそう

 蚊の卵は水辺に産みつけられて孵化するが、蚊によって水辺の特徴は異なる。日本脳炎ウイルスを媒介するコガタアカイエカは、水田や池のように大きな水辺に産卵する。それに対し、ヒトスジシマカが産卵するのは、ごく小さな水たまりだと高崎氏は話す。「2014年に、デング熱対策として公園の池の水を抜く様子がニュースで流れました。あの対策は、それほど意味がなかったと思います。ヒトスジシマカは、小さな水たまりの、水面の縁から2~3mm付近の場所に卵を産みます。そのため、庭に池があっても基本的に心配なく、ボウフラを食べてくれるメダカのような魚がいればなお安心です」。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.