日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 季節の病気を上手に防ぐ  > 梅雨明け直後の猛暑が危険! 倒れる前の熱中症対策  > 2ページ目

季節の病気を上手に防ぐ

梅雨明け直後の猛暑が危険! 倒れる前の熱中症対策

冷たい飲み物を携帯し、夜はエアコンで快眠を

 田中美香=医療ジャーナリスト

体力が落ちている高齢者は、じわじわと重症になりやすい

 若い人の熱中症は、炎天下のスポーツ・労働を原因とするものが大半だが、高齢者は日常生活を送りながら、屋内で倒れることが多い。しかも、高齢者は、若い人に比べて重症になる人が圧倒的に多い点も特徴だ。「高齢者の場合、急に暑くなってからしばらくは変わりがないと思っていたのに、4日目あたりから急に熱中症を発症する人が増えます。実は、累積効果で少しずつ体力が落ちているのですが、本人も周りも気づかず発見が遅れてしまうのです」(三宅氏)。

 もともと持病をもつ人が多い高齢者は、食欲が落ちて体力低下に拍車がかかり、熱中症を発症した時点ですでに重症になっている上、一人暮らしの人ではさらに発見が遅れるため注意が必要だ。

梅雨明け直後、いきなりくる夏日に注意

 熱中症死亡数が1700人を上回った2010年を例に、熱中症のピークがいつなのかを考えてみよう。

 梅雨が明けて一気に気温が上がり、最初の熱中症のピークがくるのが7月下旬。続いて、8月中旬頃までに2回目、3回目の波がやってくる。しかし、夏本番の8月の方が、7月よりも猛暑日・熱帯夜が続くのに、どういうわけか病院に運ばれる人は最初のピークよりも少ない(下図)。この要因について、三宅氏は次のように話す。

(総務省消防庁『熱中症情報』2010年の速報値より、一部改変)
[画像のクリックで拡大表示]

 「2回目、3回目のピークで搬送者が減る理由の1つは、高温が続き、徐々に体が暑さに強くなる『暑さ慣れ』の影響です。2つ目の理由として、夏の初めにマスコミが熱中症の増加を大々的に報道したことで、誰もが注意するようになったことが効いていると思われます。また、体力のない人は、暑さに慣れていない最初の段階で入院か、あるいは亡くなってしまう人も多いため、その後のインパクトが減るのかもしれません。2010年は、当院でも初めのピークで入院する人が相次ぎましたが、それ以降の入院はあまり見られませんでした」。

 つまり、熱中症にもっとも警戒すべきは梅雨明け直後。この第一関門をうまく乗り切るための対策を考えてみよう。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.