日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 季節の病気を上手に防ぐ  > 梅雨明け直後の猛暑が危険! 倒れる前の熱中症対策  > 4ページ目
印刷

季節の病気を上手に防ぐ

梅雨明け直後の猛暑が危険! 倒れる前の熱中症対策

冷たい飲み物を携帯し、夜はエアコンで快眠を

 田中美香=医療ジャーナリスト

意識の有無と自力で水を飲めるかどうかで受診を判断

 もし身近な人が熱中症になったら、どうすればいいのだろう。「まずは声をかけて、意識があるかどうかを見極めるのが第一です。意識がなければ重症の可能性が高く、脳卒中など他の病気も考えられるため、すぐに救急車を呼んでください」(三宅氏)。

 応急処置にあたっては、涼しい場所に移して服をゆるめ、冷たいペットボトルを体に当てるなどして、体を冷やし、水分を補給させる。「もし、自力で水分をとれるようであれば、引き続き応急処置を続けながら様子を見てください。そのまま回復すれば、受診の必要のない軽度(Ⅰ度)の熱中症です。もし回復しなければ、医療機関を受診してください」(三宅氏)。

(環境省『熱中症 環境保健マニュアル』より、一部改変)
[画像のクリックで拡大表示]

救急外来を受診するにあたっての注意は?

 水分を自力で飲めない人のほか、吐き気がある人も、病院で点滴を受ける必要がある。三宅氏によると、救急外来にかかる際のポイントは、めざす病院がそのときに対応可能かどうか、必ず電話で聞くことだという。「救急外来に担ぎ込めばすぐ診てもらえる、というわけではありません。日によって対応可能な診療科が限られていたり、急患が立て込んでいる可能性もあります。救急外来では、来院順ではなく重症度順に患者さんを診るルールが確立しているため、重度の患者さんが多いときは、数時間待たなくてはいけないこともあります」。

 受診する前に、病院に直接電話するか、インターネットで調べるか、都内なら東京消防庁の救急相談センター(#7179)に問い合わせるなどして、まずは相談を。早めの処置で、重症化を未然に防ごう。

●参考資料
日本救急医学会『熱中症ガイドライン』 http://www.jaam.jp/html/info/2015/pdf/info-20150413.pdf
環境省『熱中症環境保健マニュアル』 http://www.jaam.jp/html/info/2015/info-20150413.htm
三宅康史(みやけやすふみ)さん
昭和大学医学部救急医学教授、昭和大学病院救命救急センター長
三宅康史(みやけやすふみ)さん 1985年東京医科歯科大学医学部卒。専門は救急医学、脳神経外科。世界初となる『熱中症診療ガイドライン2015』(日本救急医学会)作成委員長、環境省『熱中症環境保健マニュアル』編集委員を務める、熱中症治療のスペシャリスト。『ICUでの病態管理と急変時に役立つQ&A 改訂第2版』(羊土社)、『ICUハンドブック 第2版』(中外医学社)など著書多数。
編集協力:ソーシャライズ
病気の解説やその分野のトップレベルのドクターを紹介するWebサイト「ドクターズガイド」を運営。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.