日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 季節の病気を上手に防ぐ  > 梅雨時の咳や痰、原因は「ホコリに潜むカビ」かも  > 4ページ目
印刷

季節の病気を上手に防ぐ

梅雨時の咳や痰、原因は「ホコリに潜むカビ」かも

喘息の人は特に注意、アレルギー性肺アスペルギルス症の怖さ

 田中美香=医療ジャーナリスト

カビをまき散らさないよう、エアコンの管理を徹底する

カビはエアコンの内部まで入り込み、空気中に飛散する。(©SORAPONG CHAIPANYA-123rf)
カビはエアコンの内部まで入り込み、空気中に飛散する。(©SORAPONG CHAIPANYA-123rf)

 谷口氏が「非常に怖い」と話すのがエアコンだ。カビはエアコンの内部まで入り込み、部屋中にまき散らされる。しかも、普段の掃除では簡単に落とすことができないのが難点だ。

 「カビをきちんと除去するには、カビの生えた部分を直接こすったり、アルコールで拭いたりと、徹底的に掃除する必要があります。でも、素人にはエアコンの内部まで手が届きません。エアコン掃除用のスプレーで手入れしても、表面がきれいになるだけで、奥に生えたカビを除去するのは無理です。喘息の人など、カビアレルギーが気になる場合は、専門業者にクリーニングを頼むなどの予防策が必要です」(谷口氏)。

空気清浄機があるから大丈夫、と過信しない

 ちなみに、空気清浄機はホコリと一緒に漂うカビの除去に効果はあるのだろうか。「空気清浄機を使うことは悪いことではありませんが、部屋全体のカビを除去するほどの機能はないのが現実です。アスペルギルス症の患者さんを診察する時、フミガタスに対する血中の抗体価を測りますが、空気清浄機を使って改善した人(抗体価が下がった人)はいません。それよりも、先にお話したように、部屋を替えるような根本的な対策が効果的です」(谷口氏)。

加湿器もカビの温床になりやすい

 夏のエアコン同様、冬に活躍する加湿器もカビの温床になりやすく、選ぶ際は注意が必要だ。加湿器には、超音波スチームの2つのタイプがある。スチームタイプは、ストーブの上にヤカンを置くのと同じ原理で、水蒸気が出るので無害だ。

 一方、最近主流になりつつある超音波タイプは、超音波の振動で水を細かく分解してファンで飛ばすもの。スチーム型と違って煮沸消毒されず、水のタンクが掃除しにくいことなどから、霧状になった水とともにカビが飛散し、過敏性肺炎を引き起こすことがある(通称「加湿器肺」)。近年は超音波タイプも機能が進化し、問題は少なくなりつつあるが、カビアレルギーを避けるなら従来のスチームタイプが無難だ。

 なお、2016年5月、韓国で、加湿器に入れて使う殺菌剤が原因で、95人もの死者が出たと報道された。このケースでは、カビではなく、殺菌剤に含まれる有害な化学物質(ポリヘキサメチレングアニジン;PHMG)が空気中にまき散らされ、これを吸ったことで健康被害が生じた。谷口氏は、化学物質が呼吸器に入ることの怖さを指摘する。

 「人間は中央アフリカをルーツとして、土の上で生きてきた動物。気管支にホコリやカビが入っても、微量であれば排出できます。でも、人工的に合成された化学物質には太刀打ちできません。ケミカルなものを長期間吸い込むのは危険です」(谷口氏)。

谷口正実 (たにぐちまさみ) さん
独立行政法人国立病院機構相模原病院 臨床研究センター センター長
谷口正実 (たにぐちまさみ) さん 1981年浜松医科大学卒業。1988年藤枝市立志太病院呼吸器内科医長、1994年藤田保健衛生大学呼吸器アレルギー内科講師、1997年米国テネシー州バンダービルト大学肺研究センター客員研究員を経て、1999年国立相模原病院アレルギー科医長兼気管支喘息研究室室長。同内科系統合診療部長、同臨床研究センター病態総合研究部部長を経て、2014年より現職。藤田保健衛生大学、順天堂大学連携大学院客員教授も兼任する。
専門は、難治性の成人喘息やアスピリン喘息、アレルギー性アスペルギルス症を含むアレルギー性気管支肺真菌症。
編集協力:ソーシャライズ
病気の解説やその分野のトップレベルのドクターを紹介するWebサイト「ドクターズガイド」を運営。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値NEW

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.