日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 季節の病気を上手に防ぐ  > 梅雨時の咳や痰、原因は「ホコリに潜むカビ」かも  > 3ページ目
印刷

季節の病気を上手に防ぐ

梅雨時の咳や痰、原因は「ホコリに潜むカビ」かも

喘息の人は特に注意、アレルギー性肺アスペルギルス症の怖さ

 田中美香=医療ジャーナリスト

根本的な改善策は、薬物療法よりも「環境改善」

 アスペルギルス症を診断するには、スギやダニのアレルギーと同じように、血液検査でフミガタスに対するアレルギーの有無(抗体価の上昇の有無)を調べる。治療は、抗真菌薬に加え、喘息の薬も用いるのが基本。アレルギーと感染症の両面があるため、この2つを併用すると効果が高いとされている。

 しかし、根本的な解決のためには、環境対策が第一だ。アスペルギルスは 屋内に潜む可能性が極めて高く、無害なタイプならどの家にも100%存在する。有害なフミガタスでさえ、2~5割、つまり多ければ2軒に1軒もの割合で存在する。

 フミガタスが好んで棲む場所は下表の通り。この性質を踏まえた環境づくりで快適な夏を過ごそう。

アスペルギルス・フミガタスは部屋のどこに潜んでいる?
家具と壁のすきま家具と壁がピッタリ密着していると、風通しが悪くカビが生えやすい。すきまを空けて、少しでも通気を確保したい
ベッドの下人は一晩に200ccもの汗をかく。当然ながらマットレスの下は湿気がたまり、カビの温床になる。布団を干す、マットレスを上げる等の管理を徹底しよう
エアコンの中エアコンの内部に.カビがたまるので、こまめに掃除することが大切。素人では奥まで手が届かないので、クリーニング業者に依頼するのが理想的。もちろん、掃除しないまま1年ぶりに使うのはもってのほか!
掃除機の中掃除機の中はホコリの温床。きれいなフィルターでなければ、せっかく掃除してもカビをまき散らすことになりかねない
押入れの中閉めっぱなしになりがちな押し入れは通気が悪い。布団が湿気を含む上、湿気の逃げ場がなく、ホコリの中にカビが棲みついてしまう

湿度の低い部屋に移るか、湿度が50%以下になるよう調整する

 フミガタスを避けるには「理想的には、部屋を替えるのがベスト」と谷口氏は話す。「アスペルギルス症の患者さんに、“北側の部屋に住んでいますか?”と聞くと、その通りということがよくあります。できるだけ風が通りやすく、東と南に窓がある部屋が良いに越したことはありません」(谷口氏)。根本的に解決するなら引っ越しが最善策だが、たとえば一軒家で1階北側に寝室があるなら、2階南側の部屋に移るだけでも大きな改善が得られるはずだ。

 とはいえ、スペースや間取りの都合上、部屋を替えるのが困難な家も多いだろう。そうした場合は、せめて除湿機で湿度を下げよう。その際の目安は「湿度50%」。50%を切るとカビが生えにくくなるので、チェックするために湿度計を置くとよい。ただし、部屋の中央付近と、家具と壁のすきまのようにホコリが多い場所とでは、湿度がかなり異なるため、湿度計は、ホコリが溜まりやすい場所の近くに置いた方がいいだろう。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値NEW

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.