日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 季節の病気を上手に防ぐ  > 梅雨時の咳や痰、原因は「ホコリに潜むカビ」かも  > 3ページ目
印刷

季節の病気を上手に防ぐ

梅雨時の咳や痰、原因は「ホコリに潜むカビ」かも

喘息の人は特に注意、アレルギー性肺アスペルギルス症の怖さ

 田中美香=医療ジャーナリスト

根本的な改善策は、薬物療法よりも「環境改善」

 アスペルギルス症を診断するには、スギやダニのアレルギーと同じように、血液検査でフミガタスに対するアレルギーの有無(抗体価の上昇の有無)を調べる。治療は、抗真菌薬に加え、喘息の薬も用いるのが基本。アレルギーと感染症の両面があるため、この2つを併用すると効果が高いとされている。

 しかし、根本的な解決のためには、環境対策が第一だ。アスペルギルスは 屋内に潜む可能性が極めて高く、無害なタイプならどの家にも100%存在する。有害なフミガタスでさえ、2~5割、つまり多ければ2軒に1軒もの割合で存在する。

 フミガタスが好んで棲む場所は下表の通り。この性質を踏まえた環境づくりで快適な夏を過ごそう。

アスペルギルス・フミガタスは部屋のどこに潜んでいる?
家具と壁のすきま家具と壁がピッタリ密着していると、風通しが悪くカビが生えやすい。すきまを空けて、少しでも通気を確保したい
ベッドの下人は一晩に200ccもの汗をかく。当然ながらマットレスの下は湿気がたまり、カビの温床になる。布団を干す、マットレスを上げる等の管理を徹底しよう
エアコンの中エアコンの内部に.カビがたまるので、こまめに掃除することが大切。素人では奥まで手が届かないので、クリーニング業者に依頼するのが理想的。もちろん、掃除しないまま1年ぶりに使うのはもってのほか!
掃除機の中掃除機の中はホコリの温床。きれいなフィルターでなければ、せっかく掃除してもカビをまき散らすことになりかねない
押入れの中閉めっぱなしになりがちな押し入れは通気が悪い。布団が湿気を含む上、湿気の逃げ場がなく、ホコリの中にカビが棲みついてしまう

湿度の低い部屋に移るか、湿度が50%以下になるよう調整する

 フミガタスを避けるには「理想的には、部屋を替えるのがベスト」と谷口氏は話す。「アスペルギルス症の患者さんに、“北側の部屋に住んでいますか?”と聞くと、その通りということがよくあります。できるだけ風が通りやすく、東と南に窓がある部屋が良いに越したことはありません」(谷口氏)。根本的に解決するなら引っ越しが最善策だが、たとえば一軒家で1階北側に寝室があるなら、2階南側の部屋に移るだけでも大きな改善が得られるはずだ。

 とはいえ、スペースや間取りの都合上、部屋を替えるのが困難な家も多いだろう。そうした場合は、せめて除湿機で湿度を下げよう。その際の目安は「湿度50%」。50%を切るとカビが生えにくくなるので、チェックするために湿度計を置くとよい。ただし、部屋の中央付近と、家具と壁のすきまのようにホコリが多い場所とでは、湿度がかなり異なるため、湿度計は、ホコリが溜まりやすい場所の近くに置いた方がいいだろう。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.