日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 季節の病気を上手に防ぐ  > 梅雨時の咳や痰、原因は「ホコリに潜むカビ」かも  > 2ページ目
印刷

季節の病気を上手に防ぐ

梅雨時の咳や痰、原因は「ホコリに潜むカビ」かも

喘息の人は特に注意、アレルギー性肺アスペルギルス症の怖さ

 田中美香=医療ジャーナリスト

湿度が高くなると室内のホコリも湿気を含み、カビが繁殖しやすくなる。(©Akhararat Wathanasing-123rf)
湿度が高くなると室内のホコリも湿気を含み、カビが繁殖しやすくなる。(©Akhararat Wathanasing-123rf)

 アスペルギルスには250~300もの種類があり、中にはまったく無害のものも存在する。たとえば、アスペルギルス・オリゼーは、日本人には馴染みの深いコウジカビだ。オリゼーは塩麹や醤油、味噌などの旨み成分を出してくれるありがたいカビだが、フミガタスは違う。

 フミガタスを吸い込むと、アレルギー反応を起こし、気管支炎や肺炎を引き起こすことがあるのだ。これが、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(以下、アスペルギルス症)で 、治療が遅れると、肺の組織が破壊され、呼吸不全を招きかねない、怖い病気だ。国内に20万人もの患者がいると推測される。

アスペルギルス症は、7~8年も診断がつかないことがよくある

 アスペルギルス症が怖いのは、専門医でも見逃す「ドクターズ・ディレイ(doctor's delay)」が多い点だ。ドクターズ・ディレイとは、適切な診断・治療が遅れることを指すが、この病気の場合、症状が出てから診断がつくまで7~8年かかることもあるという。アスペルギルス症は咳や痰などのありふれた症状が多く、風邪や気管支炎、通常の喘息と紛らわしいからだ。また、ここ数年、「長引く咳=咳喘息の可能性が高い」という認識が医師の間に広がってきたこともあって、咳喘息の診断を受け、治療していたのに、実は咳喘息ではなくアスペルギルス症だった…というケースも後を絶たない。

 発症しても必ずしも重い呼吸器の症状が出るとは限らない点も、アスペルギルス症の特徴だ。症状のピークがはっきりしないまま息切れや咳・痰がジワジワと出て、むしろ軽い症状のまま過ごす人も多い。極端な例では、健康診断の胸部X線検査で異常な影が発見されて判明したという人も。だが、中には、本人も気づかないうちに、肺の組織変化(線維化)が進んでしまうケースもある。肺の組織はいったん破壊されると元には戻らず、徐々に呼吸が困難となり、最終的には酸素吸入をしなければ生活できなくなってしまう。

フミガタスは免疫が低下している人に感染症も引き起こす

 では、カビの多い環境に住んでいると、誰もがアスペルギルス症になってしまうのだろうか。実はそうではない。カビに対するアレルギー反応を起こすかどうかには体質が大きく影響する。一番注意が必要なのは喘息を持っている人だ。「実は、アスペルギルス症患者の9割以上は喘息を持っていることがわかっています。アスペルギルス症の発症と喘息の重症度には関連はなく、軽い喘息の方でも発症することは少なくありません」と谷口氏。もちろん、喘息がなければ大丈夫、というわけでもない。

 また、まれだが、重度の免疫不全や、抗がん剤の治療を受けて白血球が減っている状態など、極端に免疫が低下している場合は、フミガタス自体が肺の奥まで侵入し、強力な感染症を引き起こすこともある。

日経Gooday春割2022

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定
日経Gooday春割2022

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.