日経グッデイ

季節の病気を上手に防ぐ

連休にゆっくり休んだのになぜかブルー、これって五月病?

しっかり休んでうつ病への移行を防ごう

 田中美香=医療ジャーナリスト

5月の病気といえば、すぐに頭に浮かぶ五月病。これは正式な病名ではなく、ゆううつでふさぎこむ気分(抑うつ気分)が続く状態を指している。一過性であればよいが、うつ病に移行してしまうと再発しやすく注意が必要だ。2009年度の国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、うつ病や自殺による日本国内の経済損失は2.7兆円にのぼり、うつ病をきちんと治療して復職することは社会全体の課題になっている。今回は、りんかい月島クリニック(東京都中央区)理事長・院長の吉田健一氏に、うつ病の現状と治療について聞いた。青葉薫る5月、心の病について考えてみよう。 

五月病は本当に5月に多い?

連休後、学校や職場に戻ると再び気持ちが落ち込む…。(©Dmitriy Shironosov-123rf)

 新年度が始まる4月は、入社、入学、転勤など環境の変化が激しい。こうした節目をきっかけに、ストレスで心身症状が出るものが、いわゆる五月病だ。5月に心の不調を訴える人は本当に多いのか、精神科を専門とするりんかい月島クリニック理事長・院長の吉田健一氏に聞いたところ、ゴールデンウィーク後は確かに患者が増える傾向があるという。

 「若い人の中には、就職活動や受験を経て新生活をスタートした矢先、次の目標がなくなって喪失感に苛まれたり、理想と現実のギャップに失望したりして心身の変調をきたす人がいます。社会人の一部でも同様に、4月の異動で苦手な上司と同じ部署になるなどしてストレスが高まり、徐々に具合が悪くなることがあるようです。4月中は調子が悪くても『あと〇日出勤すれば連休だ』とがんばれるため、初診を申し込む患者さんは少し減りますが、連休後に学校や職場に戻ると再び気持ちが落ち込み、『やはり病院に行ってみようか』と受診する。これがいわゆる五月病の起こる仕組みでしょう」。つまり、新しい環境に適応しようとがんばってきた人の心の反動が出やすい時期が5月ということだ。

仮面うつに新型うつ…うつ状態にはさまざまなタイプがある

 一過性の抑うつ気分だけで回復すればよいが、いわゆる五月病は、うつ病などの「気分障害」の始まりである可能性もある。「気分障害」は概ね、「うつ病」と、うつ状態と躁(そう)状態を繰り返す「双極性障害」の2つからなり、うつ病の場合は意欲低下、悲哀感、無関心、集中困難、倦怠感、睡眠障害などが現れる。原因は、脳の神経伝達物質である、セロトニンやノルアドレナリンの伝達が悪くなることだといわれている。

 うつ状態にはさまざまなタイプがあることが知られる。食欲低下、動悸、頭痛、めまいなどの身体症状が前面に出て抑うつ症状が目立たない「仮面うつ」や、つらくて職場には行けないのにプライベートでは楽しく過ごせる、いわゆる「新型うつ」もその一つだ。

 新型うつは2~3年前にメディアで話題になったが、医学的に確立された概念ではなく、うつ病の一部と考えて良いのかどうかについては医師の間でも議論が分かれているのが現状だ。周囲の理解が得られにくく、仮病とみなされて批判されることも多い。吉田氏の話では、新型うつは病欠や休職などに関する療養制度が整っている公務員や大企業の社員に多い傾向がみられるという。しかし、新型うつのように見える人たちの中にも、本物のうつ病の人が潜んでいることもあり、見極めは容易ではない。

うつ病の診断はどのように? 簡単な自己チェックから最新の検査法まで

 「うつ病かもしれないけれど、いきなり受診するのはちょっと…」と躊躇するなら、まずは自己チェックをお勧めしたい。「簡易抑うつ症状尺度(Quick Inventory of Depressive Symptomatology:QIDS -J)」は自己記入式のチェックリストで、うつ病の重症度を確認できる。自分を責めてしまう、死にたいと思う、疲れやすい…などの16問に答え、27点満点の6点以上で軽いうつ状態が疑われる 。もちろん100%正確な診断ではなく、あくまで目安と考えればよい。設問内容はうつ病の兆候そのものであり、「この兆候がいくつか出たらうつ病の可能性があるんだな」という気付きは得られる。その意味では意義があるだろう。

 病院に行くと、問診を中心に診察を受けるが、最近はうつ病・双極性障害など、うつ状態を来しうる疾患の鑑別診断補助として、脳血流を調べる検査もある。前頭葉の血流量の変化を見るもので「光トポグラフィー」という。大学病院レベルの基準を満たす医療機関を中心に、2014年4月から保険診療も認められている。

 光トポグラフィーで、うつ病によるうつ状態と、双極性障害や統合失調症などの疾患によるうつ状態を鑑別できる割合は約7割。この精度を「高い」と評価するか「低い」と評価するかは意見が分かれるところだ。だが吉田氏は、診断の補助的役割に加えて、患者さんへの説明にも役立つという利点を指摘する。「たとえば、双極性障害の場合、自分の疾病に目を向けたくない患者さんが多いものですが、検査結果を示すことで説明がスムーズになります。また、発達障害にもとづく抑うつ状態の患者さんなどには、『脳血流上はうつ病とは異なるパターンのようですよ』と前置きしてから病状説明を始めます。そうすることで本人の安心感も増すでしょう」。 

 ちなみに、市中のクリニックでも、全額自費診療であれば光トポグラフィーを受けることは可能だ(りんかい月島クリニックの場合1万2000円)。ただし、精神科専門医の資格を持たない医師が実施していたり、高額な保険外治療に勧誘されたりするケースもあるから注意したい。クリニックのウェブサイトなどで医師のプロフィールを見て、精神科専門医であることを確認してから受診するとよいだろう。

無理して出社した方が、欠勤よりも長期的な経済損失が大きい

 精神科医による診察の結果、自宅療養を勧められたとして、それでも無理して出勤すべきか、思い切って休むべきか…。そんな葛藤を抱えたときにキーワードとなるのが、「アブセンティズム」と「プレゼンティズム」だ。メンタル不調が経済に与える影響を考える際に用いる用語で、英語のabsent(欠席)、present(出席)からきている。

  • アブセンティズム Absenteeism …欠勤により職場の人員が減ることで生産性が下がること
    • プレゼンティズム Presenteeism …出勤しているが、仕事の効率が悪く生産性が下がること

 この2つ、会社に行かないアブセンティズムよりも、実は会社に来ているのに効率が悪いプレゼンティズムの方が、長期的に見た経済損失が大きいという。

 「根が真面目なうつ病患者さんは、会社を休むと同僚に迷惑をかけるのでは、と罪悪感が募りやすいものです。しかし、きちんと休んでうつ病を治してから能力を発揮するほうが、その人の人生にとって明らかに有益であるだけでなく、プレゼンティズムの観点からいえば、組織全体にとっても利益につながるはずです」(吉田氏)。休むことに罪悪感がない新型うつは別として、信頼できる医師からメンタル不調を理由に休職を勧められたなら、思い切って休養することも大切だろう。

うつ病の治療は四本柱<薬物療法・環境調整・休息・精神療法>

 うつ病の治療は、大きく分けると下図のように4つの柱がある。それぞれの要素を念頭にバランスの良い治療が望まれるところだが、日本では診療報酬の設計上、薬物療法に偏りがちとされる。

[画像のクリックで拡大表示]

 それはさておき、数多い治療薬(下表)からどう選ぶのか、吉田氏に尋ねた。「不安が強いタイプのうつ病なら、不安を軽減する作用が強いSSRIを第一選択薬とするケースが多く、何をするにも億劫な状態ならば、意欲改善効果が高いとされるSNRIを検討します。基本的には、副作用が少ない比較的新しい薬を単剤で処方します」。

[画像のクリックで拡大表示]

 効果がなければ同じカテゴリの中で処方変更するか、あるいは古典的抗うつ薬も選択肢に入れて再検討する。難治性うつ病や妊婦の重篤なうつ病にはm-ECT(修正型電気けいれん療法)を実施することもある。m-ECTは、頭部に電気刺激を与えて人為的にけいれん発作波を誘導し、脳機能の改善を図る治療法。もちろん保険診療の対象ではあるが、映画『カッコーの巣の上で』(1975年)で描かれたように、世界的にもかつては負のイメージが強く、日本では現在も実施施設が限られているため、治療の早い段階で選ぶことはないという。

うつ病を慢性化させないためには、復職後も当分は薬物療法をやめないで

 うつ病で休職後、職場復帰に際して気になるのは、薬を減らし、治療を終えるタイミングだ。吉田氏が話すには、再発を回避するためには、治療終結を焦らないことが大切だという。「うつ病から回復した後、いつまで薬を飲み続ければ再発率を抑えられるかという研究(*1)があります。まずは“治る”の定義から説明が必要ですが、ここでは職場に復帰するタイミングを“寛解”、復帰後ほぼ元通りに仕事がこなせるようになった時期を“回復”と定義しておきましょうか。すると治療がかなり順調に進んだ場合でも、“寛解”までに3カ月、その後の“回復”までには6カ月ほどかかり、多くの方はこの時点で“治った”と感じるわけです。しかし回復後も、概ね36週ほど維持療法を続けて、それから治療終結とすることで、長期的な再発率は半分に抑えられる、と言われています」。

 初めてうつ病と診断された人のうち、1回で治る人、何度か繰り返す人、治りにくくなって慢性化してしまう人の割合は、それぞれ三分の一程度だという。再発する人が約7割ということは、一度うつ病にかかったら、2回目があり得ると思って用心した方がいいことになる。さらに、2回うつ病になると3回目も発病する確率が高くなるため、何としても2回目の発病は避けねばならない。心身に過度の負担がかからないよう環境を整え、医師の助言を守って、服薬を継続することが大切だ。

*1 Furukawa TA, et al. Long-Term Treatment of Depression With Antidepressants: A Systematic Narrative Review. Can J Psychiatry. 2007 Sep;52(9):545-552.
吉田健一(よしだけんいち)さん
医療法人社団惟心会理事長
吉田健一(よしだけんいち)さん 1999年 千葉大学医学部卒業後、東京医科歯科大学医学部附属病院精神科、東京都立荏原(現・公立荏原)病院精神科、千葉県がんセンター緩和医療科医長、千葉県精神科医療センター医長を経て、2008年9月りんかい豊洲クリニック、さらに2013年4月りんかい月島クリニックを開設した。「心のかかりつけ医」としてうつ病からの職場復帰(リワーク)支援に取り組んでいる。
精神保健指定医、精神科専門医・指導医 日本医師会認定産業医。
編集協力:ソーシャライズ
病気の解説やその分野のトップレベルのドクターを紹介するWebサイト「ドクターズガイド」を運営。