日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 季節の病気を上手に防ぐ  > 連休にゆっくり休んだのになぜかブルー、これって五月病?  > 3ページ
印刷

季節の病気を上手に防ぐ

連休にゆっくり休んだのになぜかブルー、これって五月病?

しっかり休んでうつ病への移行を防ごう

 田中美香=医療ジャーナリスト

 「根が真面目なうつ病患者さんは、会社を休むと同僚に迷惑をかけるのでは、と罪悪感が募りやすいものです。しかし、きちんと休んでうつ病を治してから能力を発揮するほうが、その人の人生にとって明らかに有益であるだけでなく、プレゼンティズムの観点からいえば、組織全体にとっても利益につながるはずです」(吉田氏)。休むことに罪悪感がない新型うつは別として、信頼できる医師からメンタル不調を理由に休職を勧められたなら、思い切って休養することも大切だろう。

うつ病の治療は四本柱<薬物療法・環境調整・休息・精神療法>

 うつ病の治療は、大きく分けると下図のように4つの柱がある。それぞれの要素を念頭にバランスの良い治療が望まれるところだが、日本では診療報酬の設計上、薬物療法に偏りがちとされる。

[画像のクリックで拡大表示]

 それはさておき、数多い治療薬(下表)からどう選ぶのか、吉田氏に尋ねた。「不安が強いタイプのうつ病なら、不安を軽減する作用が強いSSRIを第一選択薬とするケースが多く、何をするにも億劫な状態ならば、意欲改善効果が高いとされるSNRIを検討します。基本的には、副作用が少ない比較的新しい薬を単剤で処方します」。

[画像のクリックで拡大表示]

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.