日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 季節の病気を上手に防ぐ  > 連休にゆっくり休んだのになぜかブルー、これって五月病?  > 2ページ
印刷

季節の病気を上手に防ぐ

連休にゆっくり休んだのになぜかブルー、これって五月病?

しっかり休んでうつ病への移行を防ごう

 田中美香=医療ジャーナリスト

うつ病の診断はどのように? 簡単な自己チェックから最新の検査法まで

 「うつ病かもしれないけれど、いきなり受診するのはちょっと…」と躊躇するなら、まずは自己チェックをお勧めしたい。「簡易抑うつ症状尺度(Quick Inventory of Depressive Symptomatology:QIDS -J)」は自己記入式のチェックリストで、うつ病の重症度を確認できる。自分を責めてしまう、死にたいと思う、疲れやすい…などの16問に答え、27点満点の6点以上で軽いうつ状態が疑われる 。もちろん100%正確な診断ではなく、あくまで目安と考えればよい。設問内容はうつ病の兆候そのものであり、「この兆候がいくつか出たらうつ病の可能性があるんだな」という気付きは得られる。その意味では意義があるだろう。

 病院に行くと、問診を中心に診察を受けるが、最近はうつ病・双極性障害など、うつ状態を来しうる疾患の鑑別診断補助として、脳血流を調べる検査もある。前頭葉の血流量の変化を見るもので「光トポグラフィー」という。大学病院レベルの基準を満たす医療機関を中心に、2014年4月から保険診療も認められている。

 光トポグラフィーで、うつ病によるうつ状態と、双極性障害や統合失調症などの疾患によるうつ状態を鑑別できる割合は約7割。この精度を「高い」と評価するか「低い」と評価するかは意見が分かれるところだ。だが吉田氏は、診断の補助的役割に加えて、患者さんへの説明にも役立つという利点を指摘する。「たとえば、双極性障害の場合、自分の疾病に目を向けたくない患者さんが多いものですが、検査結果を示すことで説明がスムーズになります。また、発達障害にもとづく抑うつ状態の患者さんなどには、『脳血流上はうつ病とは異なるパターンのようですよ』と前置きしてから病状説明を始めます。そうすることで本人の安心感も増すでしょう」。 

 ちなみに、市中のクリニックでも、全額自費診療であれば光トポグラフィーを受けることは可能だ(りんかい月島クリニックの場合1万2000円)。ただし、精神科専門医の資格を持たない医師が実施していたり、高額な保険外治療に勧誘されたりするケースもあるから注意したい。クリニックのウェブサイトなどで医師のプロフィールを見て、精神科専門医であることを確認してから受診するとよいだろう。

無理して出社した方が、欠勤よりも長期的な経済損失が大きい

 精神科医による診察の結果、自宅療養を勧められたとして、それでも無理して出勤すべきか、思い切って休むべきか…。そんな葛藤を抱えたときにキーワードとなるのが、「アブセンティズム」と「プレゼンティズム」だ。メンタル不調が経済に与える影響を考える際に用いる用語で、英語のabsent(欠席)、present(出席)からきている。

  • アブセンティズム Absenteeism …欠勤により職場の人員が減ることで生産性が下がること
    • プレゼンティズム Presenteeism …出勤しているが、仕事の効率が悪く生産性が下がること

 この2つ、会社に行かないアブセンティズムよりも、実は会社に来ているのに効率が悪いプレゼンティズムの方が、長期的に見た経済損失が大きいという。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.