日経グッデイ

季節の病気を上手に防ぐ

大人が重症化する「春の感染症」

風疹・はしか・おたふく風邪をあなどらないで

 田中美香=医療ジャーナリスト

インフルエンザの流行がほぼ終息し、ほっとしたのもつかの間、春には春の感染症が流行し始める。風疹、はしか(麻疹)、おたふく風邪(流行性耳下腺炎)は、主に春に子どもの間で流行する病気だが、大人がかかると重症になりやすく、中でも働き盛りの男性に多い風疹は周囲の妊婦への感染に注意が必要だ。春の感染症の怖さと、働き盛りの世代に与える影響について、国立国際医療研究センター病院総合診療科の國松淳和氏にお話を聞いた。

春に流行しやすいのは、風疹、はしか、おたふく風邪

 国立国際医療研究センター病院の國松淳和氏が診療を行う総合診療科には、「私はいったい何の病気なんだろう?」とすっきりとしない悩みを抱えた患者さんがやってくる。たとえば、発疹一つとっても、薬剤のアレルギーかもしれないし、感染症かもしれない、そんなはっきりしない症状を見抜いてくれる、駆け込み寺のような診療科だ。

 國松氏によれば、晩冬から春にかけては、風疹、はしか、おたふく風邪などの感染症(表1)が増える傾向があるという。「風邪、高血圧、膀胱炎…とさまざまな病気の方を診る中で、春になるとこれらの感染症が出てくると感じます。年間を通してポツポツ散発していますし、毎年大流行になる程ではないだけに、見極めるのが困難です」。

 インフルエンザは、乾燥しやすい冬がハイシーズンだが、風疹・はしか・おたふく風邪はなぜ春に流行するのだろうか。國松氏は、この現象は社会情勢を反映しているのではないかと語る。「3つのウイルスをまとめて語るのは難しいですが、日本では、新入社員や新入生など、多くの人が新しい環境に入るのが春です。人が大きく動く春は、ウイルスの抗体を持たず、抵抗力の弱い“丸腰の人”が、新しい環境で感染症にかかる可能性をはらむ季節でもあります」。

表1 春に流行しやすい感染症
病名風疹麻疹流行性耳下腺炎(ムンプス)
俗称3日はしかはしかおたふく風邪
症状発熱、発疹(額や顔から全身に広がる)、耳の後ろのリンパ節が腫れる発熱、鼻汁、目やに、全身の発疹、口の内の白い発疹(コプリック斑という)耳の下(耳下腺)や顎の下(顎下腺)がぷっくりと腫れる、頭痛、発熱
感染経路飛沫感染、接触感染空気感染、飛沫感染、接触感染飛沫感染、接触感染
潜伏期間4~21 日10~12 日14~24 日
学校保健法が定める出席停止期間発疹が消えるまで熱が下がって3日を経過するまで耳下・顎下の腫れが出てから5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
合併症髄膜炎、突発性血小板減少性紫斑病肺炎、髄膜炎、脳炎精巣炎・卵 巣炎、髄膜炎、聴力障害
ワクチンの費用(*)風疹・麻疹の混合ワクチンが8000~10000円程度5000~8000円程度
* ワクチンの費用を助成する自治体もあるため、あくまで目安である

20~40歳代の男性は風疹に注意

 働き盛りの世代の男性が注意すべきは風疹だ。風疹は、発熱、発疹、リンパ節の腫れを特徴とする急性ウイルス性疾患。昔は子どもがかかる病気とされていたが、ワクチンの普及により子どもでの流行は減っている。反対に、2013年には成人男性を中心に、国内の感染者が1万人を超える大流行となったことは記憶に新しい。2015年に入ってからも愛知県や静岡県西部で10人以上の風疹患者が立て続けに報告された。感染したのは、いずれもワクチンを接種していない、20~40歳代の男性だ。

 しかも、これは男性だけの問題ではない。働き盛りの男性こそ、妊娠中の女性が身近にいることが多いからだ。妊娠初期の女性が風疹に感染すると、生まれた赤ちゃんに心臓の障害や聴力障害、白内障などを伴う先天性風疹症候群を起こすことがある。これは何としても避けるべき事態だ。

 ちなみに、ワクチン接種率が低いはずの50歳以上の男性は、風疹に感染する人が少ない。これについて國松氏は、「その世代は、幼少期にワクチンが十分に普及しておらず、生活環境で自然にウイルスにさらされる機会が多かったからではないか」と述べる。感染症の流行が頻繁に起こり、自然にウイルスに触れざるをえない時代に生きていたから、すでに免疫がついているのだという。

子どもの風疹は「3日はしか」なのに、大人はなぜ重症になる?

 風疹は、熱や発疹が出る点は“はしか”に似ているが、はしかより少し軽症であるため「3日はしか」の異名を持つ。子どもならたいていの場合は3日ほどで治る病気だ。

 しかし、大人がかかると高熱を伴い、重症になってしまうことが多い。その理由について、國松氏は、ウイルスに対する免疫反応の強さが関係するのではないか、と話す。「ウイルスという異物が体内に入ると身体の免疫機能が働き、異物をやっつけようと反応することで症状が出ます。大人に比べると、子どもは免疫機能が確立していないため、ウイルスへの反応が鈍い状態です。それに対して、大人は強く防御反応を起こすから症状が重くなるという説があります」。大人が風疹にかかると髄膜炎のような合併症を生じることもあり、“風疹なんて子どもの感染症でしょ”と軽視できないのである。

はしかは、感染力も重症度も風疹以上

非常に感染力の強い、はしか(麻疹)ウイルス。(©decade3d -123rf)

 はしか(正式には麻疹と呼ばれる)は、咳、高熱、発疹を特徴とする急性ウイルス性疾患。空気感染で広がるため、飛沫感染の風疹よりも感染力が強い。ウイルスを持つ人とエレベーターに同乗しただけで、抗体をもたない人は感染してしまうくらいだ。症状も風疹よりも重く、高熱や咳のほか、頭痛、動けないほどの倦怠感を伴ったりする。リンパ球の数値が下がり抵抗力が落ちて、肺炎などを合併することも珍しくない。

 はしかも従来は小児期の感染症とされていたが、近年、免疫を持たない成人での発症が問題化している。ここ数年は、国内での麻疹流行は、ワクチンが十分に普及していない外国から持ち込まれるケースのみになっており、2014年にも、海外で感染した患者から広がったとみられる麻疹の流行が起きた。ワクチン大国と呼ばれるアメリカでも、2014年12月から麻疹が大流行し、2015年3月現在、まだ終息していない。感染拡大のきっかけとなったのは、カルフォルニアのテーマパークだとみられている。はしかは感染力が強いだけに、今後も海外の流行地域からウイルスが日本に持ち込まれ、流行を引き起こす可能性がある。

「成人男性がおたふく風邪にかかると男性不妊になる」という噂は本当?

 流行性耳下腺炎(ムンプス)、俗に言うおたふく風邪も、風疹、はしかと同じく春先に流行する。おたふく風邪は、唾液をつくる耳下腺(耳の前~下)や、あごの下の顎下腺がはれて痛む発熱性の急性ウイルス性疾患。合併症の精巣炎が有名で、「大人になってからおたふく風邪にかかった男性には、子どもができない」という説は、誰でも一度は耳にしたことがあるだろう。これは実際どうなのか、國松氏に聞いてみた。

 「この説は強調されすぎているきらいがあるように思います。確かに、合併症としては精巣炎が知られますが、おたふく風邪にかかったから100%不妊になるわけではありません。あくまで両方の精巣に炎症が波及して、かつ炎症が著しい場合です。炎症の程度が弱ければ、精巣炎になったとしても問題はないはずです」。どうやら、世間で言われているほど、「おたふく風邪=男性不妊」に一直線に進む訳ではないようだ。しかし、感染してから不妊を心配する可能性を考えれば、ワクチンを接種しておいた方がよいだろう。

ワクチン接種や就業制限は、企業のリスクマネジメントの1つ

唯一の予防手段はワクチン接種。(©serezniy -123rf)

 風疹、はしか、おたふく風邪を予防する唯一の手段は、ワクチンの接種だ。いつ接種すればいいのか?との質問に対し、「これらの感染症を予防するためのワクチンは、今から打っても遅くありません。打とうと思った時がタイミングです」と國松氏は語る。しかし、なかなか「今でしょ!」と踏み切れない人が多いのは、費用の問題もあるだろう。

 本来は血液検査で抗体の有無を調べてからワクチンを接種するのが正しい手順だが、検査には費用がかかる上、ワクチンの費用も自己負担だ(*1)。検査して、結果を聞いて、接種して…のプロセスを踏む時間を取られることも、ワクチン接種のモチベーションを下げる要因だろう。ワクチンを接種したかどうかの記憶が怪しいなら、母子手帳で確認するか、表2でチェックしてみよう。

表2 風疹の抗体を持たない可能性がある人 早見表
生年月日・性別ワクチン接種状況注意点
1962(昭和37)年4月2日~1979(昭和54)年4月1日生まれの男性中学生の女子のみ、学校で1回の集団予防接種男性は対象ではなかったため抗体を持たない。女性も1回だけの接種では回数として不十分であり、感染する恐れがある
1979(昭和54)年4月2日~1987(昭和62)年10月1日生まれの男女中学生の男女に対し、1回の個別接種上記同様、1回だけの接種では回数として不十分で、感染する恐れがある
1987(昭和62)年10月2日~1990(平成2)年4月1日生まれの男女幼児期の男女に対し、1回の個別接種
*1990(平成2)年4月2日生まれ以降の人から、男女ともに幼児期に2回、個別接種を行うようになった。
*1 検査方法や医療機関によって料金は異なるが、抗体検査とワクチンの費用を合計すると1万円以上になる医療機関が多いようだ(要問合せ)。

 大人の感染症対策が進まない現状について、「もし企業側が対策を講じてくれるならば、感染症拡大の抑制につながるのでは」と國松氏は話す。「子どもは、一定の感染症にかかったら出席停止になるという学校保健法で守られています。ところが、働く大人には就業を制限する法律がないので無防備です。風疹などに感染しても、ある程度治ったらすぐに自己判断で出勤してしまう人が多いです。少々具合が悪いくらいでは休みづらいという、日本の職場風土に問題があります。これは職場の上長のスタンスによっても変わるのでしょうか。普通なら会社は社員を守るべきですよね」(國松氏)。

 近年、社員のうつ病を早期に発見することには、企業も関心を持って取り組みつつある。しかし、アウトブレイクが起きて痛い目にあわない限り、こうした感染症までは手が回らないだろう。ウイルス感染が原因で企業活動がストップしないよう、ワクチン代の補助や就業制限などのルールづくりをすることも、企業のリスクマネジメントの一環になればよいのだが。

國松淳和(くにまつ じゅんわ)さん
独立行政法人 国立国際医療研究センター病院 総合診療科
國松淳和(くにまつ じゅんわ)さん 2003年日本医科大学医学部卒業、国立国際医療研究センター膠原病科レジデント、同センター膠原病科臨床研修指導医、2008年国立国際医療センター国府台病院内科(一般内科+リウマチ科) 内科部門の立ち上げに参画。2011年より現職。
日本内科学会総合内科専門医、日本リウマチ学会リウマチ専門医。
著書に『内科で診る不定愁訴―診断マトリックスでよくわかる不定愁訴のミカタ』 (中山書店)。
編集協力:ソーシャライズ
病気の解説やその分野のトップレベルのドクターを紹介するWebサイト「ドクターズガイド」を運営。
日経グッデイ春割キャンペーン