日経グッデイ

季節の病気を上手に防ぐ

春だから? 悩ましい眠気・不眠の原因とは

睡眠時無呼吸症候群など、様々ある「眠りの病気」を知っておこう

 田中美香=医療ジャーナリスト

3月18日は「春の睡眠の日」。これは、世界睡眠医学協会が定める世界睡眠デー(World Sleep Day)に合わせて、日本睡眠学会・睡眠健康推進機構が制定したものだ。「春だから眠くて遅刻しちゃいました」と言い訳したくなる春、睡眠障害の治療に詳しいスリープ&ストレスクリニック(東京都品川区)院長の林田健一氏に、さまざまな眠りの障害について聞いた。

「春だから眠い」の言い訳はアリ?

不眠は昼間の眠気の原因に…。(©Kien Ting Koh-123RF)

 「春眠、暁を覚えず」の言葉通り、春になるとぽかぽか陽気が眠りを誘うというのが通説だ。それでは、病的な過眠も春に起きやすいのだろうか。

 昼間に眠くなる病気といえば、睡眠時無呼吸症候群が有名である。睡眠時無呼吸症候群は、夜間、寝ている間に気道の閉塞によって無呼吸の状態が頻繁に生じ、睡眠が障害されるために、日中の眠気などさまざまな症状が現れる疾患だ。かつては「仕事中に眠いなんて、気が緩んでいる証拠だ」と怒られたものだが、2003年、運転手の睡眠時無呼吸症候群が原因で起きた山陽新幹線の事故を機に、眠くなる病気の存在が広く知られるようになった。睡眠時無呼吸症候群は、就寝中に大いびきをかいて息が止まる、昼間居眠りをする、などの状態が続く。年齢に比例して増え、中でもメタボリック・シンドロームの男性に顕著だ。

 林田氏は、「春は心地いいから眠りやすいというのは確かです。しかし、春のせいで病的な過眠が増えるとは言えないかもしれません。睡眠時無呼吸症候群も、特に春に多いものではありません」と述べる。どうやら、「春だから寝坊した」は言い訳にならないようだ。

働き盛り世代に多い「睡眠不足症候群」など、睡眠障害にはさまざまなタイプが

 昼間の眠気の多くは、夜きちんと眠れていない結果として生じている。その原因として最も多い寝不足は、「睡眠不足症候群」と呼ばれ、社会人や学生など、時間に追われやすい世代によく見られる。「“会議で居眠りして上司に怒られる”と嘆く人に聞くと、平日の睡眠時間が4~5時間で、週末に寝だめして月曜日を迎えるサイクルを繰り返しています。今の若者や働き盛りの人は、忙しいから寝ていない、だから眠くなる、という充電不足の傾向にあります」(林田氏)。

 また、夜型の生活を送ってきた人が就職した時など、早朝に起床して定刻に出勤するリズムに適応できないことがある。これは「概日リズム睡眠障害」(体内時計のリズムの乱れに基づく睡眠障害)の一つ、睡眠相後退症候群だ。林田氏によれば、睡眠相後退症候群の人たちは、「眠れない」わけではなく、「眠る時間帯がズレている」ことが問題なのだという。

 「これはいわば時差ボケの状態が続くようなものです。睡眠相後退症候群の人たちは、0時に寝て7時に起きる、といったサイクルで眠ることは大変でも、明け方から昼までというように、時間をずらせば無理なく眠れます。こういった場合、睡眠リズムを直すアプローチが必要です」。

 その他にも、頻繁に激しい眠気に襲われる「ナルコレプシー」、夜間に脚がむずむずする異常感覚があらわれ、気になって眠れない「むずむず脚症候群」…など、眠い病気・眠れない病気は数多く存在する。眠りの問題は、今や誰にでも起こりうる身近な問題になっているのだ。

不眠から起こる病気あれこれ ~うつ病、血圧・血糖値・コレステロール値の上昇など

不眠はうつ病の前兆の場合も多い。(©Tom Baker -123rf)

 一方、不眠に隠れる病気として、一番多く要注意なのがうつ病だ。うつ病の主な兆候は、気分が落ち込んで物悲しい抑うつ気分、ソワソワ落ち着かない不安や焦燥感、不眠、食欲低下などだが、不眠が先行して現れることも多い。そうした場合、「ちょっと眠れないだけだから」と軽く考えて放っておくと、抑うつのメインの症状が出てくることもある。早めの対処が肝要だ。

 睡眠不足が続くと、精神面だけでなく身体にも影響が出はじめる。たとえば血圧の上昇。不眠により交感神経の活性が高まり、コルチゾールというホルモンが血圧を上げるように働くのだ。これに加えて、血糖値も上がる、と林田氏は指摘する。「交感神経が高まると、血糖をコントロールするインスリンの働きが悪くなります。睡眠不足の状態が続くと、血圧、血糖値、そしてコレステロール値も上がります」(林田氏)。不眠は万病の元、ともいえるかもしれない。

 次回は、睡眠薬の最新事情を解説しよう。

林田健一(はやしだけんいち)さん
スリープ&ストレス クリニック院長
林田健一(はやしだけんいち)さん

医学博士、日本睡眠学会評議員。1996年東京慈恵会医科大学卒業。同精神医学講座、神経研究所附属睡眠学センターにて、睡眠時無呼吸症候群、不眠症、時差ぼけ、ナルコレプシーなどに関する臨床研究を行い、2007年スリープ&ストレス クリニック開設。睡眠障害の専門治療に幅広く取り組み、メディアや講演を通じて睡眠医療の啓発にも多数携わる。
著書に『どう診る?日常診療に潜む睡眠障害』(日本医事新報社)、『朝、スッキリ目覚め「いい眠りだったな」とつい言ってしまう本』(主婦の友社)など

編集協力:ソーシャライズ
病気の解説やその分野のトップレベルのドクターを紹介するWebサイト「ドクターズガイド」を運営。
日経グッデイ春割キャンペーン