日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 季節の病気を上手に防ぐ  > 春だから? 悩ましい眠気・不眠の原因とは  > 2ページ目

季節の病気を上手に防ぐ

春だから? 悩ましい眠気・不眠の原因とは

睡眠時無呼吸症候群など、様々ある「眠りの病気」を知っておこう

 田中美香=医療ジャーナリスト

不眠から起こる病気あれこれ ~うつ病、血圧・血糖値・コレステロール値の上昇など

不眠はうつ病の前兆の場合も多い。(©Tom Baker -123rf)

 一方、不眠に隠れる病気として、一番多く要注意なのがうつ病だ。うつ病の主な兆候は、気分が落ち込んで物悲しい抑うつ気分、ソワソワ落ち着かない不安や焦燥感、不眠、食欲低下などだが、不眠が先行して現れることも多い。そうした場合、「ちょっと眠れないだけだから」と軽く考えて放っておくと、抑うつのメインの症状が出てくることもある。早めの対処が肝要だ。

 睡眠不足が続くと、精神面だけでなく身体にも影響が出はじめる。たとえば血圧の上昇。不眠により交感神経の活性が高まり、コルチゾールというホルモンが血圧を上げるように働くのだ。これに加えて、血糖値も上がる、と林田氏は指摘する。「交感神経が高まると、血糖をコントロールするインスリンの働きが悪くなります。睡眠不足の状態が続くと、血圧、血糖値、そしてコレステロール値も上がります」(林田氏)。不眠は万病の元、ともいえるかもしれない。

 次回は、睡眠薬の最新事情を解説しよう。

林田健一(はやしだけんいち)さん
スリープ&ストレス クリニック院長
林田健一(はやしだけんいち)さん

医学博士、日本睡眠学会評議員。1996年東京慈恵会医科大学卒業。同精神医学講座、神経研究所附属睡眠学センターにて、睡眠時無呼吸症候群、不眠症、時差ぼけ、ナルコレプシーなどに関する臨床研究を行い、2007年スリープ&ストレス クリニック開設。睡眠障害の専門治療に幅広く取り組み、メディアや講演を通じて睡眠医療の啓発にも多数携わる。
著書に『どう診る?日常診療に潜む睡眠障害』(日本医事新報社)、『朝、スッキリ目覚め「いい眠りだったな」とつい言ってしまう本』(主婦の友社)など

編集協力:ソーシャライズ
病気の解説やその分野のトップレベルのドクターを紹介するWebサイト「ドクターズガイド」を運営。

先頭へ

前へ

2/2 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.