日経グッデイ

季節の病気を上手に防ぐ

どうなる? 2015年春の花粉症

花粉飛散でヒサンな春への対処のしかた

 田中美香=医療ジャーナリスト

「鼻水が気になって仕事に集中できない」「薬のせいで仕事中に眠くなる」…こんな悩みをもつ人が急増する、花粉症の季節がやってきた。2015年のスギ花粉の飛散量は、全国的には例年並みか少ない地域が多いが、昨年と比較すると関東や東北では非常に多くなる見込みだ。今まで花粉症には縁のなかった人の中には、「今年こそ発症してしまうかも…」と不安に思っている人もいることだろう。気になる今年の花粉飛散の状況や最新治療について、耳鼻科専門医でNPO法人花粉情報協会の理事も務めるふたばクリニック(東京都新宿区)院長の橋口一弘氏に聞いた。

 「2015年は、1シーズンに飛んでくるスギ花粉の数が1平方センチメートル当たり4000個は超えると推測されています。大量飛散となった2011年ほどではありませんが、全国的には昨年よりも飛散量が多い年になるでしょう」

 ふたばクリニック(東京都新宿区)院長の橋口一弘氏は、そう話す。ただし、地方によって状況は異なり、昨年と比べると、四国・九州地方は少なめ、北陸・関東甲信・東北地方はかなり多い見込みだ(図)。飛散開始の時期は例年通りで、関東地方は2月第2週ごろと予測されている。今年もつらい春になりそうだ。

図 2015年花粉飛散量を昨年と比べると?
(出典:日本気象協会)
[画像のクリックで拡大表示]

そもそも、なぜ花粉症になるの?

 生まれた時から花粉症という人はいない。それでは、どのような条件がそろって発症するのだろうか。

 「花粉症は、飛んでいる花粉をただ吸い込むだけでは発症しません。毎年吸い続けるうちに、花粉を異物として認識する抗体(スギ花粉であれば「スギ花粉特異的IgE抗体」と呼ばれる)が体の中で作られます。この抗体の量がある一定レベルに達したところで、花粉が体に入ると、免疫システムが作動し、異物である花粉を排除すべく、一斉攻撃(アレルギー反応)が始まるのです」(橋口氏)。それが、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状として現れるというわけだ。

 このアレルギー反応のメカニズムは、しばしばコップと水の関係で説明される。体内で抗体(水)が作られ、コップの中にたまっていく。コップの中にあるうちは、その人の免疫システムは正常に働くが、その人のキャパシティ(コップの容積)を超えてあふれると、花粉を異物と認識したアレルギー反応が始まる―という説だ。抗体を持っていても生涯アレルギー反応を起こさない人もいるが、そういう人たちは「コップが大きい」と解釈される。

発症の可能性がある「予備軍」は3割も?

 この仕組みについて、橋口氏は「体内で抗体が増えるだけではなく、何らかのプラスαのきっかけが加わって起こるのではないか」との考えを示す。「ある研究で住民のIgE抗体を調べたところ、スギ花粉特異的IgE抗体を持つ人は約半数(55.5%)いるのに、実際にスギ花粉症を発症している人はそのうちの7割でした。残りの3割の人は発症していない予備軍ということです(*1) 。こうした予備軍の人たちが、例えば疲れたり風邪をひいたりして免疫が落ちた状況のときに体に花粉が入ると、それをきっかけに発症してしまうのではないでしょうか」。

 こうした個人差があるにせよ、大量飛散年には、予備軍の中から花粉症に“デビュー”する人が増える傾向はあるというから、心の準備は必要だろう。

 ちなみに、日本スギが存在しない国から来た人は、早くて約3年以上日本に滞在した頃にスギ花粉症を発症するという。毎年、春に花粉を吸い続けて抗体ができて発症するまでの最短期間は、3年が一つの目安のようだ。

*1 Sakashita M, et al. International Archives of Allergy and Immunology 2010;151:255-261.

子どもも要注意! 過度の清潔が子どものアレルギー体質をつくる?

 花粉症で最近目立つのが、子どもの発症が増えていることだ。理由は諸説あるが、有力なのが「衛生仮説」だ。清潔すぎる生活が原因で、免疫バランスが崩れてアレルギーが起こりやすくなるという理論である(1989年イギリスのStrachan博士が提唱)。

 きれいな生活の中では、菌やウイルスにふれる機会が少ないため、それらに感染することで増えるリンパ球(Th1)の働きが弱くなってしまう。その反動で、アレルギーに関係するリンパ球(Th2)の働きが強くなり、アレルギーになりやすい体質になっていく―という仮説だ。抗菌グッズに囲まれた清潔好きの日本人には耳の痛い話だ。また、スギ花粉の飛散量自体が、戦後、右肩上がりに増え続けていることも、花粉症の低年齢化に大いに関係しているといわれる。

定番の薬物療法、市販薬の乱用に注意

 花粉症治療の定番は薬物療法だ。下表に示したような薬剤を、症状によって使い分ける。これらの成分は、一部、市販薬にも含まれている。

花粉症治療に用いる主な薬剤(処方薬) 
種類特徴主な製品名
経口薬抗ヒスタミン薬ヒスタミン(炎症やアレルギー反応に大きく関わる物質)の働きを抑制する。くしゃみ・鼻水に即効性があるが、眠い、口が渇くなどの副作用がある第一世代:ポララミン、タベジール
第二世代:ザジテン、アゼプチン、セルテクト、ゼスラン、ニポラジン、ダレン、レミカット、アレジオン、エバステル、ジルテック、リボスチン、タリオン、アレグラ、アレロック、クラリチン、ザイザル、ディレグラ
ケミカルメディエーター遊離抑制薬アレルギー反応を仲介する化学物質を抑える。くしゃみ・鼻汁に対して使うインタール、リザベン、ソルファ、アレギサール、ペミラストン
抗ロイコトリエン薬鼻粘膜の血流を改善する。鼻粘膜の腫れや鼻づまりのほか、鼻汁やくしゃみにも効くオノン、シングレア、キプレス
抗プロスタグランジン D2・トロンボキサンA2薬トロンボキサン(鼻粘膜血管を刺激したり、粘膜を腫れさせ鼻詰まりをさせる物質)の働きを抑えるバイナス
Th2サイトカイン阻害薬アレルギーに関わる物質の産生を抑えるアイピーディー
ステロイド薬効果が高く重症の人向き。副作用が出やすいので使用は短期間とするセレスタミン
点鼻薬抗アレルギー薬副作用が少ないノスラン、インタール、ソルファ
抗ヒスタミン薬副作用が少ないザジテン、リボスチン
ステロイド薬鼻閉やくしゃみ、鼻汁に効く。全身への副作用は少ないアルデシンAQネーザル、リノコート、フルナーゼ、ナゾネックス、アラミスト、エリザス
血管収縮薬使いすぎると粘膜の炎症を起こすことがあるプリビナ、トラマゾリン
点眼薬抗アレルギー薬副作用が少ないインタール、ペミラストン、アイビナール、パタノール
抗ヒスタミン薬副作用が少ないザジテン、リボスチン
ステロイド薬症状が重い場合に用いる。長く使うと眼圧上昇などの副作用があるフルメトロン、リンデロン
出典:「鼻アレルギー診療ガイドライン2013」を参考に一部加筆

 気を付けたいのは市販薬の使い方だ。花粉症の人たちの中には、症状がつらくても、病院に行く時間をとれずに市販薬で対処する人もいるだろう。だが、落とし穴もある。「市販薬を飲んだけど鼻づまりが治らない、と訴えて受診する人が多いですね」と橋口氏は語る。市販されている花粉症用の薬は抗ヒスタミン剤が中心なので、鼻水・くしゃみがある程度抑えられても、鼻づまりはなかなか治らないのだ。

 次いで多いのが、市販の点鼻薬を乱用して受診するケース。「市販の点鼻薬には血管収縮薬が含まれることがあり、使いすぎると鼻の粘膜が炎症を起こして痛くなったり、腫れて鼻づまりを起こしたりします。注意書きを見ていないか、あるいは効かないことを理由に使い過ぎてしまっているのでしょう」(橋口氏)。この場合、医療機関ではステロイドの点鼻薬やロイコトリエン拮抗薬など、鼻づまりもに効く薬を処方してもらえる。自己流の対処で問題が起きる前に、何とか時間を捻出して、一度は医療機関に足を運ぶことをお勧めする。

定着しつつあるレーザー治療に、副作用が心配なステロイド注射

今年もつらい季節がやってくる。(©Tagstock Japan-123rf)

 花粉症治療には、飲み薬や点鼻・点眼薬以外の選択肢もある。花粉症の治療として定着しつつあり、リピーターも年々増えているのがレーザー治療だ。

 レーザー治療は、鼻粘膜をレーザーで焼いて、花粉への反応を鈍くするというもの。治療前に麻酔をするので、痛みはほとんど感じない。ただし、効果の持続期間には個人差があり、数カ月から半年程度とされる。つまり、根治療法ではない。

 だが、「シーズン前にレーザー治療を済ませておけば、花粉飛散が少ない年は薬をほとんど使わずに済む可能性があります」と橋口氏は話す。治療のタイミングについては、「花粉が飛び始める前、遅くとも2月の第1週までには済ませておきたいですね」と橋口氏。「レーザーの施術後は鼻粘膜が腫れたり、鼻水が出たりという反応が多少はあります。治療時点で既に花粉が飛び始めていると、鼻粘膜が過敏になって炎症を起こしていますから、そこにレーザーで熱の刺激が加わると、さらに悪化しかねません」。

 花粉症に対するレーザー治療は、以前は自由診療として行われていたが、現在は健康保険が使える。費用は、3割負担の場合で8000~9000円が目安だ(初診料を除く)。シーズン前の投資だと思えば、さほど高いものではないかもしれない。ただし、花粉の飛散量が多い年は、薬物治療の併用が必要になることが多い。また、鼻のみをターゲットとする治療であるため、もともと鼻の症状が軽い人には向かない。当然ながら目のかゆみには効かないので、目薬は別途処方してもらう必要があり、花粉症のすべての症状から解放されるわけではない。

 なお、対症療法には、ステロイド剤の筋肉注射という手段もある。1回の注射で約30~40日間は症状がなくなる。だが、長く体内にとどまり、全身の免疫反応を抑制するため、副作用(注射部位の萎縮・陥没、感染症、体重増加、月経異常など多岐にわたる)が多いのが難点だ。仕事上マスクもメガネもできず、屋外で高度の集中力が求められる職業の人が、やむを得ず選択することはあるそうだが、一般の人は他の治療法を選ぶのが無難だろう。

2014年10月に始まった舌下免疫療法。効果はいかに?

 最後に、2014年10月から保険診療が可能になった舌下免疫療法も紹介しよう。

 舌下免疫療法は、アレルギー反応のもとになる抗原(スギ花粉症の場合はスギ花粉)を、少しずつ体内に取り込むことによって、抗原に対する過敏性を減少させていく「減感作療法」という治療法の一種だ。今回始まったのは、スギ花粉の抗原エキス(商品名:シダトレン)を舌の下に毎日少量ずつ垂らすという治療法で、注射ではないので痛みもなく、自宅でできるという話題の治療である。

 治療開始のタイミングは、1~4月の花粉シーズンを除けばいつでも構わない。花粉が飛んでいる時期は、体の免疫反応が活発なため副作用が起きやすくなるからだ。治療効果を得るためには、最低2年間は続ける必要がある。

 気になる副作用として一番多いのは、舌が腫れる、口の中や喉がかゆい、などの局所反応だ。時として、アナフィラキシーという重いアレルギー反応が起こりうるが、現時点では全国的に問題は起きていない。比較的、安全性の高い治療といえる。

 舌下免疫療法は、長年花粉症に苦しんでいきた重症患者にとっては待望の治療法だが、難点は、最低2年という治療期間の長さだ。橋口氏によると、舌下免疫療法に関心を示して外来を受診したものの、「最低2年」と聞いて、しり込みをしてしまう患者も少なくないそうだ。

 また、新薬発売後1年間は、1回の受診につき2週間分を超える処方ができないという決まりがあり、2週間おきに通院しなければならない。この通院の負担も、ハードルを上げる理由の一つとなっている。健康保険が3割負担の場合、薬剤費が1カ月1000円程度かかるというコストパフォーマンスの問題もあるだろう。2年続けると、1000円×24カ月=計24000円が最低金額ということになる(これに再診料などが上乗せされる)。

 ちなみに「シダトレン」は舌下液だが、現在、舌下錠の開発も進んでいる。こうした新しい薬剤の開発によって、今後、花粉症の治療が大きく変わる可能性もあるので、注目したい。

 ただし、治療に頼る以前の問題として、基本のマスクは正しく着用したい。マスクから鼻が出ている人、マスクの横が開いている人…こんな人を街で見かけることがある。まずは花粉をシャットアウトするという最低限のセルフケアを徹底することから始めよう。

橋口一弘(はしぐち かずひろ)さん
医療法人社団左門ふたば会ふたばクリニック院長
橋口一弘(はしぐち かずひろ)さん 1982年 慶応義塾大学医学部卒業、慶応義塾大学病院耳鼻咽喉科、済生会神奈川県病院耳鼻咽喉科、産業医科大学耳鼻咽喉科講師を経て、2000年 北里研究所病院耳鼻咽喉科部長、2009 年 北里大学北里研究所病院臨床教授、2011年より現職。
日本耳鼻咽喉科学会専門医、日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会評議員、日本口腔咽頭学会幹事、NPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会理事、NPO花粉情報協会理事。
編集協力:ソーシャライズ
病気の解説やその分野のトップレベルのドクターを紹介するWebサイト「ドクターズガイド」を運営。