日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 季節の病気を上手に防ぐ  > どうなる? 2015年春の花粉症  > 3ページ
印刷

季節の病気を上手に防ぐ

どうなる? 2015年春の花粉症

花粉飛散でヒサンな春への対処のしかた

 田中美香=医療ジャーナリスト

定着しつつあるレーザー治療に、副作用が心配なステロイド注射

今年もつらい季節がやってくる。(©Tagstock Japan-123rf)

 花粉症治療には、飲み薬や点鼻・点眼薬以外の選択肢もある。花粉症の治療として定着しつつあり、リピーターも年々増えているのがレーザー治療だ。

 レーザー治療は、鼻粘膜をレーザーで焼いて、花粉への反応を鈍くするというもの。治療前に麻酔をするので、痛みはほとんど感じない。ただし、効果の持続期間には個人差があり、数カ月から半年程度とされる。つまり、根治療法ではない。

 だが、「シーズン前にレーザー治療を済ませておけば、花粉飛散が少ない年は薬をほとんど使わずに済む可能性があります」と橋口氏は話す。治療のタイミングについては、「花粉が飛び始める前、遅くとも2月の第1週までには済ませておきたいですね」と橋口氏。「レーザーの施術後は鼻粘膜が腫れたり、鼻水が出たりという反応が多少はあります。治療時点で既に花粉が飛び始めていると、鼻粘膜が過敏になって炎症を起こしていますから、そこにレーザーで熱の刺激が加わると、さらに悪化しかねません」。

 花粉症に対するレーザー治療は、以前は自由診療として行われていたが、現在は健康保険が使える。費用は、3割負担の場合で8000~9000円が目安だ(初診料を除く)。シーズン前の投資だと思えば、さほど高いものではないかもしれない。ただし、花粉の飛散量が多い年は、薬物治療の併用が必要になることが多い。また、鼻のみをターゲットとする治療であるため、もともと鼻の症状が軽い人には向かない。当然ながら目のかゆみには効かないので、目薬は別途処方してもらう必要があり、花粉症のすべての症状から解放されるわけではない。

 なお、対症療法には、ステロイド剤の筋肉注射という手段もある。1回の注射で約30~40日間は症状がなくなる。だが、長く体内にとどまり、全身の免疫反応を抑制するため、副作用(注射部位の萎縮・陥没、感染症、体重増加、月経異常など多岐にわたる)が多いのが難点だ。仕事上マスクもメガネもできず、屋外で高度の集中力が求められる職業の人が、やむを得ず選択することはあるそうだが、一般の人は他の治療法を選ぶのが無難だろう。

2014年10月に始まった舌下免疫療法。効果はいかに?

 最後に、2014年10月から保険診療が可能になった舌下免疫療法も紹介しよう。

 舌下免疫療法は、アレルギー反応のもとになる抗原(スギ花粉症の場合はスギ花粉)を、少しずつ体内に取り込むことによって、抗原に対する過敏性を減少させていく「減感作療法」という治療法の一種だ。今回始まったのは、スギ花粉の抗原エキス(商品名:シダトレン)を舌の下に毎日少量ずつ垂らすという治療法で、注射ではないので痛みもなく、自宅でできるという話題の治療である。

 治療開始のタイミングは、1~4月の花粉シーズンを除けばいつでも構わない。花粉が飛んでいる時期は、体の免疫反応が活発なため副作用が起きやすくなるからだ。治療効果を得るためには、最低2年間は続ける必要がある。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.