日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 季節の病気を上手に防ぐ  > どうなる? 2015年春の花粉症  > 2ページ
印刷

季節の病気を上手に防ぐ

どうなる? 2015年春の花粉症

花粉飛散でヒサンな春への対処のしかた

 田中美香=医療ジャーナリスト

子どもも要注意! 過度の清潔が子どものアレルギー体質をつくる?

 花粉症で最近目立つのが、子どもの発症が増えていることだ。理由は諸説あるが、有力なのが「衛生仮説」だ。清潔すぎる生活が原因で、免疫バランスが崩れてアレルギーが起こりやすくなるという理論である(1989年イギリスのStrachan博士が提唱)。

 きれいな生活の中では、菌やウイルスにふれる機会が少ないため、それらに感染することで増えるリンパ球(Th1)の働きが弱くなってしまう。その反動で、アレルギーに関係するリンパ球(Th2)の働きが強くなり、アレルギーになりやすい体質になっていく―という仮説だ。抗菌グッズに囲まれた清潔好きの日本人には耳の痛い話だ。また、スギ花粉の飛散量自体が、戦後、右肩上がりに増え続けていることも、花粉症の低年齢化に大いに関係しているといわれる。

定番の薬物療法、市販薬の乱用に注意

 花粉症治療の定番は薬物療法だ。下表に示したような薬剤を、症状によって使い分ける。これらの成分は、一部、市販薬にも含まれている。

花粉症治療に用いる主な薬剤(処方薬) 
種類特徴主な製品名
経口薬抗ヒスタミン薬ヒスタミン(炎症やアレルギー反応に大きく関わる物質)の働きを抑制する。くしゃみ・鼻水に即効性があるが、眠い、口が渇くなどの副作用がある第一世代:ポララミン、タベジール
第二世代:ザジテン、アゼプチン、セルテクト、ゼスラン、ニポラジン、ダレン、レミカット、アレジオン、エバステル、ジルテック、リボスチン、タリオン、アレグラ、アレロック、クラリチン、ザイザル、ディレグラ
ケミカルメディエーター遊離抑制薬アレルギー反応を仲介する化学物質を抑える。くしゃみ・鼻汁に対して使うインタール、リザベン、ソルファ、アレギサール、ペミラストン
抗ロイコトリエン薬鼻粘膜の血流を改善する。鼻粘膜の腫れや鼻づまりのほか、鼻汁やくしゃみにも効くオノン、シングレア、キプレス
抗プロスタグランジン D2・トロンボキサンA2薬トロンボキサン(鼻粘膜血管を刺激したり、粘膜を腫れさせ鼻詰まりをさせる物質)の働きを抑えるバイナス
Th2サイトカイン阻害薬アレルギーに関わる物質の産生を抑えるアイピーディー
ステロイド薬効果が高く重症の人向き。副作用が出やすいので使用は短期間とするセレスタミン
点鼻薬抗アレルギー薬副作用が少ないノスラン、インタール、ソルファ
抗ヒスタミン薬副作用が少ないザジテン、リボスチン
ステロイド薬鼻閉やくしゃみ、鼻汁に効く。全身への副作用は少ないアルデシンAQネーザル、リノコート、フルナーゼ、ナゾネックス、アラミスト、エリザス
血管収縮薬使いすぎると粘膜の炎症を起こすことがあるプリビナ、トラマゾリン
点眼薬抗アレルギー薬副作用が少ないインタール、ペミラストン、アイビナール、パタノール
抗ヒスタミン薬副作用が少ないザジテン、リボスチン
ステロイド薬症状が重い場合に用いる。長く使うと眼圧上昇などの副作用があるフルメトロン、リンデロン
出典:「鼻アレルギー診療ガイドライン2013」を参考に一部加筆

 気を付けたいのは市販薬の使い方だ。花粉症の人たちの中には、症状がつらくても、病院に行く時間をとれずに市販薬で対処する人もいるだろう。だが、落とし穴もある。「市販薬を飲んだけど鼻づまりが治らない、と訴えて受診する人が多いですね」と橋口氏は語る。市販されている花粉症用の薬は抗ヒスタミン剤が中心なので、鼻水・くしゃみがある程度抑えられても、鼻づまりはなかなか治らないのだ。

 次いで多いのが、市販の点鼻薬を乱用して受診するケース。「市販の点鼻薬には血管収縮薬が含まれることがあり、使いすぎると鼻の粘膜が炎症を起こして痛くなったり、腫れて鼻づまりを起こしたりします。注意書きを見ていないか、あるいは効かないことを理由に使い過ぎてしまっているのでしょう」(橋口氏)。この場合、医療機関ではステロイドの点鼻薬やロイコトリエン拮抗薬など、鼻づまりもに効く薬を処方してもらえる。自己流の対処で問題が起きる前に、何とか時間を捻出して、一度は医療機関に足を運ぶことをお勧めする。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.