日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 女性のための「医療・健康」の話  > 歯肉マッサージで健康的な歯ぐき美人に
印刷

女性のための「医療・健康」の話

歯肉マッサージで健康的な歯ぐき美人に

「歯肉炎」で食い止めるケアが大事

 日本人成人の8割がかかるといわれる「歯周病」。その主な原因が「歯垢(しこう)」であることは広く知られているが、初期段階では痛くもかゆくもなく、症状が進むまで見過ごされることが多い。

 かつては、虫歯が原因で歯を抜く人が多かったが、近年は歯周病が原因で歯を失う人の割合が増えている。また、歯周病は口臭の原因にもなるし、歯ぐきが減って見た目も悪くなる。

 自覚症状が得にくい病気だが、いつまでもきれいな歯と歯ぐきをキープするためには、歯周病になる前からケアしておきたい。そのためにはまず歯垢除去が大事だ。

 「歯垢と食べかすを混同している人もいますが、歯垢の正体は細菌の塊。歯垢1mgには、2億5000万個もの細菌が含まれています」と、神奈川歯科大学准教授の山本龍生先生は警告する。

 歯磨きが不十分だと、歯と歯ぐきの間に歯垢がたまる。そこに細菌が繁殖すると、歯肉に炎症が起こる。これが歯肉炎。さらに歯を支える歯槽骨(しそうこつ)や、クッションの役割を果たす歯根膜(しこんまく)を溶かす歯周炎に進む。そのまま何年も放置すると、やがて症状が進み、ものも噛めないほどの激痛に襲われ、泣く泣く歯を抜くことに。

 「でも、歯ぐきが赤く腫れる『歯肉炎』の段階で適切なケアをすれば、健康な状態に修復することも可能です」と山本先生は言う。

ブラッシングとマッサージの「あわせ技」が効果的

 では、歯肉炎を修復するためには、なにをすればいいのだろうか?

 「深刻な歯周病を防ぐ一番の方法はブラッシングです」と山本先生は言う。歯ブラシで丁寧にブラッシングをして、歯垢を物理的に除去することが何より大切なのだそう。

 「また、最近はブラッシングによる歯垢除去に加え、歯肉マッサージを行うことで、より高い予防効果が得られることがわかってきました。歯と歯槽骨(しそうこつ)の間にある歯肉をマッサージすることで血行が良くなり、歯ぐき全体が引き締まってくるのです」

 ここで見てほしいのが、下のグラフ。歯肉ブラッシングの頻度によって、歯肉を再生させる繊維芽細胞の細胞増殖活性がどう変わるのかを調べたものだ。

 
図1◎ 歯肉マッサージを加えたブラッシング頻度の影響―線維芽細胞の細胞増殖活性―
[画像のクリックで拡大表示]

 「歯垢除去+歯肉マッサージ」を1日2回、4週間毎日おこなった場合、「歯垢除去のみ」に比べて繊維芽細胞の細胞増殖活性は約1.6倍も高くなる。期間を延ばすとさらに効果はあがり、8週間後には、約1.8倍の効果が認められた。

 花王パーソナルヘルスケア研究所の実験報告でも同様の成績が出ている。7人の被験者を対象に「歯ブラシのみ」「歯ブラシ+歯ぐきマッサージ」を1日3回(2分間)行い、その前後で歯肉炎指数(GI)がどう変化するかを、4週間にわたり測定したところ「歯ブラシのみ」の歯肉炎改善率は28%、「歯ブラシ+歯ぐきマッサージ」の歯肉炎改善率は45%と大幅に差がついた。

 「歯肉は、じん帯やアキレス腱と同じ成分でできていますので、マッサージで刺激を与えることで、筋トレと同じような効果が出ていると考えられます」(山本先生)

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.