日経Gooday TOP  > からだケア  > 女性のための「医療・健康」の話  > しつこい肩こり、原因はミルフィーユこり!  > 2ページ目

女性のための「医療・健康」の話

しつこい肩こり、原因はミルフィーユこり!

慢性的なこりには、筋膜のよじれが集まった“ながしポイント”のケアを

ながしポイントをケアして、ミルフィーユこりを解消!

 治りにくいミルフィーユこりは、ただ温めたり、やみくもに指圧するだけでは、解消されない。「ミルフィーユこりを解消するためには、その原因となっている筋膜のよじれが集まった“ながしポイント”をほぐすことが大事です」と竹井先生。

 ながしポイントとは、筋肉と筋肉が重なり合った部位で、よじれが集まりやすいところで、血液、リンパ、ゲル状の液体の3つが滞っている。ここをケアすれば、ミルフィーユこりは解消できるというわけだ。

図1◎ ココが肩のながしポイント
図1◎ ココが肩のながしポイント

 肩と背中のながしポイントを図で紹介したので、そこを集中的にケアしてほしい。ながしポイントの探し方は、例えば「僧帽筋上部繊維と棘上筋」の場合、首の付け根と肩の端の中間を上から押すと、ちょっと窪んだ部分があるので、そこから首へ向けて盛り上がりかけたところがポイントとなる。だいたいの部位でも効果はあるそうなので、効くところをこまめに探してみよう。

 セルフケアの方法は、マッサージ、磁器治療器の活用などが効果的。ながしポイントを温めてからマッサージするとさらに効果が期待できる。また、普段から、ストレッチなどで体を動かしたり、正しい姿勢を心がけるようにすることも大事。肩こり解消だけでなく、見た目にも美しくなる。外出の際は、ぜひ、ガラスに映る自分の姿勢をチェックしよう。

(文:伊藤左知子)

竹井 仁さん
首都大学東京健康福祉学部教授
理学療法士、医学博士(解剖学)。筋膜研究の第一人者。著書に、『たるみリセット』(ヴィレッジブックス)、『肩こりにさよなら!』(自由国民社)などがある。テレビ出演も多数。
日経ウーマンオンライン2013年9月10日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.